コーヒーに塩を入れると美味しいって本当?味の変化を生むアレンジ方法をご紹介

gaya

日常に取り入れて飲む方も多いコーヒー。

牛乳や砂糖を混ぜて飲むのがポピュラーですが、意外な選択肢として塩を混ぜたアレンジがあるのをご存じでしょうか。

味にいい方向の変化が生まれるのはもちろん、健康的なメリットもあるなどここ最近で注目を集めているのです。

過去にはテレビ番組などでも特集されたことのある塩コーヒーの魅力を隅々まで解説していきます。

この記事のポイント
  • 塩コーヒーはエチオピアの伝統的なアレンジ方法
  • 作り方は簡単で塩をひとつまみ加えるだけ
  • 酸味が抑えられてマイルドな飲み口を楽しめる
  • 合うお菓子は「ペアリング」で決めるのがおすすめ

塩コーヒーの歴史について

あら塩を入れたスプーン"

この記事を読んでいる方の中には、塩コーヒーについてご存知ない方も多いはずです。

コーヒーの味わいを引き立てられる塩の魅力をご紹介いたします。

塩コーヒーはエチオピアの伝統的な飲み方

異色のアレンジに見える塩コーヒーですが、世界的に見ると珍しいわけでもないようです。

コーヒー発祥の国であるエチオピアでは現に塩コーヒーが飲まれており、伝統的なアレンジ方法として知られています。

エチオピアには「コーヒーセレモニー」というコーヒーを飲む際の作法があり、日本の茶道のような感覚でコーヒーを楽しむのです。

コーヒーをたくさん飲むからこそ生まれたのが塩コーヒーで、どのような味の変化が起きるのかは後ほどご紹介いたします。

「モカ・シダモ」との相性が抜群

そもそも塩コーヒーが生まれたのは、酸味の強いコーヒーを飲みやすくすることにあります。

エチオピア特産のコーヒー豆である「モカ・シダモ」は酸味が非常に強く、マイルドな飲み口にするために塩を加えられているのです。

試しに塩を入れてみたところ、美味しかったために定着したのが塩コーヒーの始まりだとされています。

作り方は後ほどご紹介しますが、お手軽にご家庭でも変化を楽しめるためぜひお試しください!

エチオピアだけじゃない塩コーヒーの広がり

塩コーヒーが親しまれているのはエチオピアだけではありません。

アメリカ海軍では濃いめに抽出したコーヒーに塩を入れて飲むというアレンジ方法があります。

また北欧などではボイル式でコーヒーを淹れていますが、こちらにも岩塩などを加える習慣があるようです。

このように塩によるコーヒーのアレンジは決して珍しい物ではなく、これから日本でも選ばれる選択肢になるのではないでしょうか。

あわせて読みたい
マレーシアのホワイトコーヒーって何?普通のコーヒーとの違いや作り方をご紹介
マレーシアのホワイトコーヒーって何?普通のコーヒーとの違いや作り方をご紹介

塩コーヒーの作り方やポイントは?

本の上に乗ったホットコーヒー

エチオピアで親しまれる塩コーヒーですが、作り方は非常に簡単でご家庭でも気軽に楽しむことができます。

簡単なアレンジでコーヒーの変化が感じられるため、ぜひお試しください!

塩コーヒーの作り方

塩コーヒーの作り方は非常にシンプルです。

皆さんがいつも通り作ったコーヒーに、お好みの量の塩を加えるだけで完成します。

塩の量に関してですが入れ過ぎてしまうと塩味が出過ぎてしまうため、ひとつまみ程度の量がおすすめです。

ただ人によって塩の量の好みは異なるため、少しずつ量を変化させながら飲んでみてはいかがでしょうか?

塩にこだわるのがおすすめ

せっかく塩コーヒーを飲むのであれば、アレンジに使う塩にこだわるのがおすすめです。

スーパーなどでよく見かけるお手頃な価格の塩は作られる過程でにがりが加わっており、苦味が出てしまいます。

十分に味の変化を楽しみたいのであれば、海水のみを使ったオーガニックな塩がおすすめです。

素材の味にこだわることによってさらに美味しい塩コーヒーが楽しめるため、ぜひお試しください!

コーヒー自体もこだわるべき

塩でアレンジする前後の味の変化を楽しみたいなら、コーヒー豆や淹れ方にもこだわってみてはいかがでしょうか。

エチオピア特産のモカ・シダモはもちろんのこと、同じく酸味が強いキリマンジャロと塩の相性は抜群です。

またコーヒー豆の焙煎度は浅煎りがおすすめで、アレンジによる酸味の変化がかなり感じやすくなります。

【コーヒーの焙煎度による味の変化】
・深煎り:苦味が強く、濃い茶褐色が特徴
・中煎り:酸味や苦味、甘みのバランスが良いのが特徴
・浅煎り:酸味が強く、浅い茶色が特徴

もちろん中煎りや深煎りでも美味しい塩コーヒーができるため、ぜひ様々な豆や焙煎度でお試しください!

さらなるアレンジレシピも

塩によるアレンジで酸味が変化する塩コーヒーですが、そこに甘みが加わるとさらに深い味わいを楽しむことができます。

新たな変化を求める方へ、さらなるアレンジレシピをご紹介します!

塩キャラメルミルクコーヒー

マイルドな塩コーヒーに濃厚な甘さをプラスしたのが、塩キャラメルミルクコーヒーです。

甘いもの好きの方は必見のアレンジレシピをお見逃しなく!

塩キャラメルミルクコーヒーの材料

・塩コーヒー:70ml
・牛乳:70ml
・キャラメルシロップ:5ml

塩コーヒーが牛乳によってさらになめらかな飲み口になり、キャラメルの甘さを最大限楽しめるようになります!

少量のはちみつを加えるとより深い甘さになるため、甘味好きの方はぜひお試しください!

コーヒーに塩を入れる効果は?

塩が入った小瓶

世界的に楽しまれている塩コーヒーですが塩を入れることでどのような味の変化が起きるのか、気になっている方も多いはずです。

また健康的な効果にも触れておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

コーヒーの苦味が抑えられる

コーヒーが苦手という方の中には、「あの苦味がどうしても…」と感じている方も多いです。

ですがコーヒーに塩を加えることによって、この苦味を抑えることができます。

全ての苦味をなくすというよりも適度に苦味を抑えて奥深い味に変化させてくれるため、苦味が苦手な方でもコーヒーを楽しめるはずです。

飲みやすくなるようコーヒーの味を調整してくれるのが塩の役目となっています。

酸味も和らぎ飲みやすく

苦味と並んで苦手意識を持つ方が多いのが、コーヒーの酸味です。

ただこれも塩を入れることによって和らげることができ、とにかく万人受けするコーヒーになります。

エチオピアで塩コーヒーが始まったのも、酸味が強いコーヒー豆を飲みやすくするのが目的でした。

歴史的にも信頼感のある塩コーヒーを試したくなった方も多いのではないでしょうか。

塩を入れることでダイエット効果も期待できる

テレビで塩コーヒーが紹介される際、特に目を引くのがダイエット効果です。

そもそもブラックコーヒー自体にダイエット効果があることが知られており、食後の血糖値の上昇防止や脂肪燃焼効果が注目されていました。

実は塩を加えることによってその効果を促進することがわかっており、味の変化はもちろん健康的な効果も期待できるのです。

まずはアクセントとして塩を軽く入れてみて、日頃との味の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

塩アレンジで味が変化するのは「抑制効果」のおかげ

コーヒーに塩を加えることで飲みやすい風味に変化するのは、味覚の「抑制効果」が関係しているからです。

抑制効果とは、異なる味覚が合わさることで一方の味覚が弱められることを指しています。

コーヒーの酸味や苦味に塩味が加わることによって、結果的に飲みやすい味わいへと変化するのです。

これまでコーヒーが苦手で飲めなかった方も、誰もが楽しめる塩アレンジをぜひお試しください!

塩コーヒーに合うお菓子は?

銀のバットに入った大量のグミたち

普段コーヒーを飲む際には甘いお菓子などを合わせるのが一般的です。

多少味が変化した塩コーヒーの場合では、何を合わせて楽しむのがいいのかチェックしてきましょう。

本場の雰囲気で楽しみたいなら

塩コーヒーを産んだエチオピア流のアレンジで塩コーヒーを楽しむなら、ナッツなどがおすすめです。

コーヒーセレモニーの定番であるナッツはお酒とペアなイメージがありますが、程よい食感と塩味が好まれています。

またコーヒーセレモニーではポップコーンが提供されることもよくあり、少しずつ摘みながら話を弾ませるのも良さそうです。

どちらもコーヒーのお供のイメージはありませんが、試してみると異国情緒が楽しめるかもしれません。

いつも通りの甘いお菓子も相性抜群

飲みやすくなった塩コーヒーですが、従来通り甘いお菓子と合わせて楽しむのもいいでしょう。

コーヒーを合うお菓子を探す際には「ペアリング」という言葉が用いられますが、そのポイントは2つあるとされています。

  • 似た味同士を組み合わせる
  • 正反対の味を組み合わせる

苦味のあるチョコはもちろんコーヒーに合いますし、甘いマカロンなどのお菓子をお供にすることで味の調和も取れます。

塩コーヒーによってお菓子の味が変化し新たな側面を楽しめる可能性もあるので、ぜひ色々な組み合わせを試してみてはいかがでしょうか。

バニラアイスでさらなるアレンジも

ブラックコーヒーにアレンジとしてバニラアイスを加えるアフォガードは有名です。

実は塩コーヒーでアフォガードにすると、抑えられた苦味や酸味が甘味とよく組み合わさります。

またアイスを入れることでクリーミーさも加わるため、コーヒーが苦手な方でもスイーツ感覚で楽しめるのです。

ご家庭で簡単にカフェで出てくるような品が作れるため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

まとめ|塩コーヒーが美味しいって本当?

この記事のポイント
  • 塩コーヒーはエチオピアの伝統的なアレンジ方法
  • 作り方は簡単で塩をひとつまみ加えるだけ
  • 酸味が抑えられてマイルドな飲み口を楽しめる
  • 合うお菓子は「ペアリング」で決めるのがおすすめ

今回は驚かれることも多い組み合わせの塩とコーヒーについて、作り方や味の変化をご紹介しました。

エチオピアをはじめとした世界中で広く親しまれるこのアレンジは、数々の点で理にかなった方法だと言えます。

コーヒー独特の苦味や酸味が抑えられるのはもちろん、素材が持つダイエット効果をさらに高められる点で一石二鳥です。

特にコーヒーが少し苦手だけど試してみたいという方におすすめの飲み方となっております。

飲み物

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました