マレーシアのホワイトコーヒーって何?普通のコーヒーとの違いや作り方をご紹介

gaya

リラックスや集中のための嗜好品として人気を集めるのがコーヒーです。

コーヒーと聞くと真っ黒なイメージですが、手を加えない状態でかなりクリーミーな色をしている「ホワイトコーヒー」をご存知でしょうか?

知られざる種類のコーヒーとして話題を呼んでいるホワイトコーヒーの基本的な情報や作り方などをまとめました。

コーヒー好きの方であれば必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事のポイント

・ホワイトコーヒーはマレーシアの定番メニュー
・通常のコーヒーと比べて甘い味わいが特徴
・日本で飲むならインスタントタイプがおすすめ
・アレンジで様々な味を楽しめる

マレーシアのホワイトコーヒーとは?

ミルクの濃さが違う3つのコーヒー

「ホワイトコーヒー」と聞いて何か分かる方は少なく、その出自や由来を知る方は多くありません。

マレーシアの定番コーヒーとして知られるホワイトコーヒーとは、一体どんな飲み物なんでしょうか?

マレーシアの定番メニュー

ホワイトコーヒーは、マレーシアにおいて伝統的な喫茶店の定番メニューとして親しまれているコーヒーです。

イギリスではミルク入りのコーヒーをホワイトコーヒーと言うケースもありますが、それらとは完全に別物となっています。

焙煎の過程でマーガリンを加えて浅煎りしており、通常のコーヒーと比較すると白っぽくクリーミーな見た目になっているのが特徴です。

実際に目の前にするとカフェオレのような色をしているため、初めてであれば驚く方も多いかもしれません!

マレーシアは実はコーヒー大国

マレーシアは、ホワイトコーヒー含め様々な方法でコーヒーを楽しんでいる国です。

南米などと比較してコーヒー豆の生産量は多くないものの、高温多湿な気候から涼むためにコーヒーを愛飲しているとされています!

マレーシアで飲まれるコーヒーの種類

・ココナッツコーヒー
・エッグコーヒー
・塩コーヒー…

コーヒーをベースにしながらも塩や卵黄、ココナッツミルクなどを加えているのが特徴で、ほんのりした甘さやキレのいい塩味がおすすめです!

マレーシアでは様々な形でコーヒーが飲まれていますが、その中でも一番有名なホワイトコーヒーはどのような味わいなのでしょうか?

ホワイトコーヒーは濃厚な味が特徴

見た目が特徴的なホワイトコーヒーですが、味に関しても通常のコーヒーとはかなり異なります。

焙煎時にマーガリンを混ぜていることもあり苦味や酸味は少なく、クリーミーで濃厚は味わいが印象的です!

またマレーシアで実際に提供される際には練乳等が加えられることも多く、甘みを強く感じるコーヒーになっています。

「疲れを取りたい!」といったシチュエーションにぴったりなのが、マレーシアのホワイトコーヒーなのです。

名前の由来は意外なところに

ホワイトコーヒーはマレーシアで広がったものですが、最初は中国の移住者によって伝えられたとされています。

中国語で「白珈琲」と記されるホワイトコーヒーの「白」は、「何も入っていない」と言う意味があるのです。

焙煎の際のマーガリンなど何も入っていないと言われれば嘘になってしまうものの、マレーシアではコーヒーに様々なものを加える文化があリます。

それらと比較して入っているものが少ないため、「白珈琲」という名称になったと言うのが主説です。

マレーシア以外では違う意味で使われることも

他の国で「ホワイトコーヒー」を注文しても、マレーシアの定番メニューであるホワイトコーヒーが出てこないことがあるのです。

例えばイギリスであれば、ホワイトコーヒーはミルク入りのコーヒーを指します。

他の国でもミルクやクリーマーで白っぽくなったコーヒーを意味するのが一般的です。

「あのホワイトコーヒーか!」と思って注文してもマレーシアとは違うものが提供される可能性もあるため、海外を旅行される際には事前に調べておくといいかもしれません!

あわせて読みたい
コーヒーに塩を入れると美味しいって本当?味の変化を生むアレンジ方法をご紹介
コーヒーに塩を入れると美味しいって本当?味の変化を生むアレンジ方法をご紹介

マレーシアのホワイトコーヒーの作り方

コーヒー豆とコーヒーの粉

味や出自がかなり珍しいホワイトコーヒーですが、日本で飲みたいと思った際には顆粒タイプのものが中心になっているようです。

合わせてコーヒー好きの方から人気を集めるホワイトコーヒーの銘柄も調べました!

お手軽な顆粒タイプが主流

ホワイトコーヒーはマレーシアなど海外を中心に楽しまれているため、国内のスーパーなどでは販売されていないことが多いです。

ですが通販で海外から取り寄せることもでき、日本ではマレーシアの味を気軽に楽しめるインスタントタイプのホワイトコーヒーが親しまれています。

ホワイトコーヒーの飲み方

【ホットで飲む場合】
1.40gの粉末をコップに加える
2.80℃/200mlのお湯を加える

【アイスで飲む場合】
1.40gの粉末をコップに加える
2.80℃/80mlのお湯と氷を加える

作り方は至って簡単で、甘さが際立つホワイトコーヒーをご家庭でも簡単に楽しむことができます!

通常のコーヒーとはかなり異なるテイストをぜひお家でも楽しんでみてください!

人気は「オールドタウン・ホワイトコーヒー」

日本で人気のホワイトコーヒーといえばマレーシアであれば誰もが知る「オールドタウン・ホワイトコーヒー」です

インスタントにも関わらず本場に近い味を気軽に味わうことができ、Amazonなどで買うことができます!

ホワイトコーヒー本来の味が楽しめるフレーバー以外にも、より甘さを感じられるヘーゼルナッツやシュガー味もあるようです。

数に限りがあるため品切れすることも多く、気になった方はぜひ通販サイトを覗いてみてください!

保存の際は酸化に注意

「オールドタウン・ホワイトコーヒー」のようなインスタントコーヒーを美味しく楽しみたいのであれば、保管時の酸化に注意しましょう!

コーヒー粉は空気や湿気に触れてしまうと、酸化が進んで風味が落ちてしまいます。

また日光や紫外線で劣化してしまうこともあり、長い間本来の美味しさを保ちたいのであれば空気に触れさせず密閉しておくのが重要です。

最近はコーヒー粉専用の密閉容器も発売されているため、乾燥剤などとも合わせてご検討ください!

簡単アレンジでもっと美味しく

ホワイトコーヒーをより美味しく飲みたい方は、これからご紹介する簡単アレンジを試してみてはいかがでしょうか?

好みの味別に加えられるものを調べました!

ホワイトコーヒーのおすすめ簡単アレンジ

【本場の味を楽しむなら】
・加糖練乳
【甘いのが好きなら】
・ハチミツ
・砂糖
【変わった味が好きなら】
・ラム酒
・フルーツジュースなど

マレーシアで親しまれる本来の飲み方を楽しみたいのであれば加糖練乳がおすすめですが、ホワイトコーヒーの楽しみ方は無限大です。

お好みの飲み物を加えて甘さをマイルドにしながら風味を変えられるため、ぜひお気に入りのアレンジを見つけてみてください!

【アレンジ番外編】飲み物同士のミックスも!

ホワイトコーヒーの本場であるマレーシアではそのままコーヒーを飲むのはもちろん、飲み物同士をミックスして楽しむ文化があります。

例えばコーヒーと紅茶を合わせたチャム・コーヒーなどは有名です!

日本でそういった飲み方をすることがないため聞いたことのない方も多いかもしれませんが、現地の方からは親しまれています。

新感覚の味が感じられると思いますので、ぜひホワイトコーヒーでも試してみてください!

マレーシアのホワイトコーヒーをより楽しむなら

カプチーノとコーヒー豆とコーヒーの粉

甘いのが好みな方にとっては気に入ること間違いなしのホワイトコーヒーですが、より美味しく飲む方法があります。

ホワイトコーヒーに合うお菓子には、ペアリングを使って探してみるのがおすすめです!

合うお菓子を探すならペアリング

せっかく美味しいコーヒーを飲むのであれば、それに合うお菓子も欲しいと思います。

コーヒーを合うお菓子を探す際には「ペアリング」で考えるのが定番とされており、その際のポイントは2つです。

コーヒーとお菓子のペアリング

【似た味を組み合わせる】
〜ケーキ、フルーツなど

【正反対の味を組み合わせる】
〜ビターチョコレート、焼き菓子など

ホワイトコーヒー自体がかなり甘いため、ビターなチョコレートなどと合わせるとアクセントを楽しむことができそうです!

甘いのが好きな方はケーキなどと一緒にいただくと、より甘さが際立つでしょう!

ホワイトコーヒーを使ったスイーツも

ホワイトコーヒーはそのまま飲んでももちろん美味しいですが、スイーツの材料に使っても絶品です!

ケーキやクッキーなどの生地の中にホワイトコーヒーを混ぜ合わせるだけで、美味しいコーヒー風味の生地が完成します。

他にもホワイトコーヒーゼリーは人気で、普通のコーヒーゼリーにはない甘味が人気です!

夏にぴったりなアイスなどにも使えるため、いろいろなレシピで試してみてはいかがでしょうか?

現地マレーシアで飲んでみるのもおすすめ

この記事を通じて「もっとホワイトコーヒーを楽しみたい!」と思った方は、ぜひ現地で飲んでみることをおすすめします!

マレーシア国内では至る場所でホワイトコーヒーを飲むことができ、特にオールドタウン・ホワイトコーヒーの実店舗は大人気です。

ここ数年ではマレーシア以外にも拡大を続けており、日本から近い中国などでも楽しむことができます。

「やっぱり店舗で飲んだ方が美味しい!」というコメントも多いため、ぜひ海外旅行の際に飲んでみてはいかがでしょうか!

マレーシアに行くなら最強コンビを

マレーシアでホワイトコーヒーを飲むなら、定番コンビとして知られるカヤトーストを試してみてください!

カヤトーストはココナッツミルクや卵、香草などを原料にしたカヤジャムをトーストで挟んだものです。

優しい甘さと香り高い味わいがマレーシアのソウルフードになっており、日本食で言うところのご飯と味噌汁のような関係と言えます。

カヤジャムはマレーシアから日本への輸入が禁じられているため、ぜひ現地で最強コンビをお試しあれ!

まとめ|マレーシアの定番ホワイトコーヒーについて

この記事のポイント

・ホワイトコーヒーはマレーシアの定番メニュー
・通常のコーヒーと比べて甘い味わいが特徴
・日本で飲むならインスタントタイプがおすすめ
・アレンジで様々な味を楽しめる

今回はマレーシアを中心に定番であるホワイトコーヒーについて、味や作り方など様々な情報をご紹介しました。

普通のコーヒーとは違う甘さが際立った味わいが人気を集めており、今ではAmazonなどで購入することができます!

ホワイトコーヒーは様々なアレンジレシピがあることでも知られていて、その楽しみ方は無限大です。

スイーツの材料として使うこともできるため、ぜひお気に入りの方法でホワイトコーヒーをお楽しみください!

飲み物

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました