チーズケーキはダイエットに向いている?おすすめレシピや注意点も解説!

なぎ

甘くて美味しいケーキは、カロリーが高いと分かっていても無性に食べたくなってしまう時がありますよね。

そんな時におすすめしたいのが、幅広い世代から人気のチーズケーキ。

実は、タンパク質やビタミン類も豊富で、ダイエット中に嬉しい成分が沢山含まれているんです!

そこで今回は、チーズケーキに含まれる栄養素や、簡単でヘルシーなチーズケーキのレシピ、ダイエット中に食べる際の注意点について解説していきます。

チーズケーキはダイエットに向いている?カロリーや糖質を比較

白いテーブルの上のレモンがのっているチーズケーキ2つ

ケーキには様々な種類があり、それぞれ異なる味わいを楽しめるのが魅力的ですよね。

また、ケーキの種類により使用される原材料も異なるため、それぞれの栄養価にも大きな差異があります。

チーズケーキやモンブランなど代表的なケーキの種類別に、1食あたりのカロリー、糖質、タンパク質、脂質を比較し、分かりやすく表にまとめました。

種類 カロリー(kcal) 糖質(g) タンパク質(g) 脂質(g)
チョコレートケーキ 428 32.14 5.82 31.24
モンブラン 408 49.51 2.56 22.07
ティラミス 369 34.79 7.32 23.2
ショートケーキ 355 26.25 4.63 26.46
ベイクドチーズケーキ 295 17.28 5.41 24.03
スフレチーズケーキ 237 15.71 6.92 17.32

参考:カロリーSlism「カロリー計算」

チーズケーキの糖質は低い

原材料にチョコレートを含むチョコレートケーキは、カロリー、脂質が最も多く、糖質の高い栗を使用しているモンブランは、他のケーキと比較してかなり高糖質です。

一方で、チーズケーキは他のケーキと比較するとカロリーや糖質が低めになっています。

ダイエット中はカロリー摂取量を抑えたり、糖質を控えて血糖値の乱高下を防ぐことが重要なため、チーズケーキはダイエット中でも比較的食べやすいケーキと言えるでしょう。

チーズケーキはダイエット中でも食べやすい!理由を解説

ホールのチーズケーキと1ピースのケーキ

前述のとおり、チーズケーキは他のケーキ類と比較するとカロリーや糖質が低く、ダイエット中でも食べやすいケーキだと言えます。

そして更に、単にカロリーや糖質が抑えられているだけでなく、ダイエット中の方にとって嬉しい栄養素も多く含んでいます!

しっかりとした甘さもあり、満足感も高いのにカロリーや糖質が低く、更に栄養価も高いというのは少し意外に感じますよね。

ここからは、チーズケーキのカロリーや糖質が低い理由や、他にどのような栄養素を含んでいるかについて、より詳しく解説していきます!

チーズケーキは糖質・カロリーが比較的低い

チーズケーキは、スポンジを用いたケーキなどに比べて小麦粉の使用量が少ないため、糖質が抑えられています。

実は何もトッピングされていないスポンジケーキであっても、生地自体に小麦粉も砂糖もたっぷりと含まれているのです。

そこから更に甘いホイップクリームを表面に塗るとなると、おのずと全体のカロリーも高くなってしまいますよね。

チーズケーキは、一般的にクリームチーズに生クリーム、砂糖、卵、少量の薄力粉を混ぜた生地を焼き上げて完成するため、他のケーキに比べてカロリーが低くなっています。

ダイエット中はスフレチーズケーキがおすすめ!

チーズケーキの中でも、スフレチーズケーキは特に小麦粉の使用量が少なく、生クリームも使用しないレシピが多いため、最もカロリーや糖質が低いです。

前項で提示した表において、スフレチーズケーキとチョコレートケーキを比較すると、スフレチーズケーキはカロリー・糖質共に1/2程度であることが分かりますね。

他のケーキと比較しても、スフレチーズケーキのカロリーと糖質は低く抑えられているため、比較的ダイエット中でも食べやすいケーキだと言えるでしょう。

タンパク質・ビタミンB2などボディメイクに必要な栄養素を含む

チーズケーキは、主な材料としてクリームチーズを使用するため、他のケーキと比べてタンパク質を多く含んでいます。

タンパク質は筋肉や臓器、皮膚など身体の主成分として重要な栄養素であり、タンパク質を摂取して筋肉量を増やすことで代謝アップに繋がります。

ダイエット中は低カロリーな食事を意識するあまり、タンパク質が不足してしまうことも多いため、タンパク質を補給できるチーズケーキは、ダイエット中におすすめです。

また、チーズには脂肪燃焼をサポートするビタミンB2も多く含まれているため、脂肪を効率的に燃焼する効果が期待できます。

ビタミンB2もダイエット中に欠かせない要素なので、チーズケーキを食べながら摂取できるのはとても嬉しいですね!

スイーツに変わりはないため食べすぎはNG

他のケーキと比較すると糖質が少なく、栄養面にも優れているチーズケーキですが、あくまでもスイーツであるためカロリーは高くなっています。

特に、主な原材料であるクリームチーズは脂質を多く含むため、食べ過ぎには注意する必要があります。

チーズケーキを食べる際には1日に1切れを目安とし、毎日ではなく1~2週間に1回程度の頻度で食べるのがおすすめです。

食べすぎると糖尿病のリスクも

たとえ1日の摂取カロリーが基準値内に収まっていたとしても、毎日のようにチーズケーキを食べ続けてしまうと、高血糖状態が続いて糖尿病リスクが上がったり、ホルモンバランスが乱れて肌荒れを引き起こす可能性があります。

あくまで、チーズケーキはダイエット向きな栄養素が含まれている「おやつ」という認識を持ち、毎日の食事に取り入れるのは避けるようにしましょう。

ダイエット中にケーキを食べるときの注意点

ハーブがのっているチーズケーキ1ピース

前述したとおり、チーズケーキはあくまでもスイーツであるため、ダイエット中は食べ方に注意が必要です。

食べる量は同じでも、食べ方に気を付けたり、食べる時間帯を選ぶことで、ぐっと太りにくくすることができます。

ここからは、太りにくいチーズケーキの食べ方について、3つのポイントを解説していきます!

食べる時間帯は14:00~16:00!

ダイエット中にケーキを食べる時は、14:00~16:00頃の時間帯に食べるのがおすすめです。

その理由として、私達の体内にある「BMAL1」という、余ったエネルギーを脂肪に変えて蓄えようとするタンパク質の存在が関係しています。

「BMAL1」の活動量は時間帯によって異なり、15時頃に最も少なくなるため、14:00~16:00頃は一日の中で最も脂肪になりにくい時間帯なのです。

22時頃の食事は注意!

22時頃は「BMAL1」が活発になり太りやすくなるので、ダイエット中の方は注意しましょう。

ゆっくり噛んで食べる

2つ目のポイントは、ゆっくり噛んで食べることです。

チーズケーキに限ったことではありませんが、よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、少量でも満足感を得ることができます。

「チーズケーキはあくまでスイーツだし、少量で我慢しよう!」と思っても、すぐに食べ終えてしまうと「もっと食べたい」という気持ちがより強くなる可能性があります。

ダイエットにストレスは大敵のため、少量でも無理なく満足感を得られるように、ゆっくりと噛んで食べるのがおすすめです。

温かいプロテインと合わせて食べる

プロテインは温めることで消化吸収されやすくなり、より効率的に身体作りをすることができる上に、体温も上昇することで代謝も上がります。

プロテインとチーズケーキを一緒に食べると、効率よくタンパク質やその他のボディメイクに有効な栄養素を摂取することができるのです。

ただし、タンパク質は熱に弱いため、温める際にはホエイプロテインよりも熱に強いカゼインプロテインやソイプロテインを使用するのがおすすめです。

また、温かいプロテインを作る際には、シェイカーで振るのではなく、冷たい飲み物で十分溶かした後に耐熱容器に移してから電子レンジで温めるようにしましょう。

【3選】ダイエット向きのチーズケーキレシピをご紹介

ボウルでケーキの型を作っている

より太りにくい食べ方を意識してチーズケーキを楽しむのも良いですが、材料を工夫して手作りすることで更にカロリーを抑えることができます。

今回は、より罪悪感無くチーズケーキが食べれられるレシピを3つご紹介します。

チーズケーキは、材料や工程も少なく家庭でも簡単に作ることができるため、お菓子作りに慣れていない人でもご安心ください!

ダイエット中にケーキが食べたくなった際には、是非参考にしてみてくださいね。

粉・生クリーム不使用!材料4つの低糖質バスクチーズケーキ

材料4つだけで簡単に作れてしまう、バスクチーズケーキです。

粉や生クリームを使用していないので低糖質となっており、ダイエット中の方でも食べられるケーキとなっています。

粉・生クリーム不使用!材料4つの低糖質バスクチーズケーキ
【材料】(ココット型3個分)
クリームチーズ:100g
ギリシャヨーグルト:100g(水切りヨーグルトでも代用可)
ラカント:30g(同量の砂糖でも代用可)
卵:1個

下準備
クリームチーズは室温に戻し、オーブンは250℃に予熱しておく。
手順①
ボウルにクリームチーズを入れてなめらかになるまでよく混ぜる。
手順②
①にギリシャヨーグルト、ラカント、卵を順に加え、その都度よく混ぜる。
手順③
クッキングシートをくしゃくしゃにしてから広げ、ココットに敷いて、②を入れる。
手順④
250℃のオーブンで15分焼き、粗熱が取れたら冷蔵庫で2時間以上冷やして完成!

参考:Nadia「粉・生クリーム不使用!材料4つ低糖質バスクチーズケーキ」

食物繊維たっぷり!おからパウダーのチーズケーキ

次にご紹介するのはおからパウダーを使ったチーズケーキです。

おからパウダーのチーズケーキは、おからに含まれる食物繊維のおかげで美容や健康にも良く、素朴な味わいを楽しめます。

食物繊維たっぷり!おからパウダーのチーズケーキ
【材料】(15cm型1台分)
おからパウダー:40g
クリームチーズ:200g
砂糖:80g
レモン汁:大さじ1杯
卵:2個
豆乳:160cc

手順①
クリームチーズと砂糖をすり混ぜクリーム状にする。
手順②
①にレモン汁と卵と豆乳を入れて混ぜる。
手順③
②におからパウダーを加えて混ぜる。
手順④
ケーキ型に流し込み、180℃に予熱したオーブンで40〜45分焼いたら完成!

参考:てぬキッチン「めちゃ簡単!『おからパウダーのチーズケーキ』の作り方」

水切り不要!豆腐チーズケーキ

豆腐を使ったヘルシーなチーズケーキです。

ひんやりさっぱりした味を楽しむことができるチーズケーキで、水切りも不要なので簡単に作ることができます。

水切り不要!豆腐チーズケーキ
【材料】(15cm型1台分)
クリームチーズ:200g
豆腐:150g
溶き卵:1個分
グラニュー糖:60g
薄力粉:大さじ1杯
レモン汁:大さじ1杯

下準備
材料は室温に戻してオーブンは170℃に余熱し、型に敷き紙を敷いておく。
手順①
ボウルにクリームチーズ、グラニュー糖を入れてなめらかになるまで混ぜる。
手順②
①に豆腐を加えて混ぜ合わせる。
手順③
②に卵を加えて混ぜ合わせたら、レモン果汁、薄力粉を加えて混ぜる。
手順④
170℃に予熱したオーブンで40〜50分焼く。
手順⑤
オーブンから取り出して粗熱を取り、冷蔵庫でひと晩冷やしたら完成!

参考:macaroni「水切り不要!豆腐チーズケーキ」

まとめ|チーズケーキはダイエットに向いている

チーズケーキは、他のケーキと比較してカロリーや糖質が低く、身体作りに必要なタンパク質やビタミンB2などの栄養も豊富に含まれています。

ダイエット中でも食べやすいチーズケーキですが、その食べ方には注意が必要です。

具体的には、太りにくい14:00~16:00に食べることや、よく噛んで食べること、温かいプロテインと一緒に食べるなどの工夫をすることがおすすめです。

また、ヨーグルトやおから、豆腐などの材料を使用して手作りすることで、よりヘルシーなチーズケーキを楽しむことができます。

ダイエット中に甘いケーキが食べたくなった時には、今回の内容を是非参考にしてみてくださいね!

執筆者
なぎ
なぎ
なぎ
食生活アドバイザー

美味しいものを作って食べることが大好きな20代OLです。
地産地消・栄養バランスを意識した食生活で、夫婦共々‐10kgに成功しました!
「手軽に美味しく健康に」をモットーに、昔ながらの家庭料理を研究しています。

保有資格など

食生活アドバイザー
オンラインフードクリエイター
ホームユースうつわマスター

執筆者のWebサイト

https://naginokurashi.com/

詳細を見る

スイーツ

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました