チーズケーキの冷凍方法と解凍方法は?美味しさを保つ保存方法のコツ

jima

甘すぎない味わいと程よい風味で愛されているチーズケーキ。

チーズケーキは冷凍すると約2~4週間保存でき、正しい解凍をすることで、味や食感を損なわず美味しく食べることができます。

さらに解凍する時にちょっとした工夫をすると、冷凍前とはまた違う美味しさも楽しめるのです。

この記事ではチーズケーキの冷凍方法から解凍方法、またチーズケーキの美味しい食べ方をご紹介していきます!

この記事のポイント
  • チーズケーキは冷凍保存しても美味しい!
  • 冷凍保存すると1~4週間は状態をキープできる
  • 常温解凍は味や食感だけでなく雑菌が繁殖しやすくなる
  • チーズケーキは冷蔵庫で時間をかけて自然解凍するのが一番!
  • チーズケーキは冷凍のまま食べても美味しい!

チーズケーキの冷凍保存方法

冷凍庫の中のチーズケーキ

チーズケーキは常温だと半日、冷蔵だと2~3日しか日持ちしませんが、冷凍することで2~4週間もの長期間品質を保っておくことが可能になります。

ただし、チーズケーキを冷凍保存する際に水分がついていると味が薄まり、空気が入ってしまうと生地が乾燥してパサついてしまうことがあるので注意が必要です。

チーズケーキを保存するときは、小分けにして食用ラップなどで包んでからフリーザーバッグに入れて保存してみてください。

食品保存に適した真空状態を作れる、フードシーラーなどのアイテムを使用してみるのもおすすめです。

チーズケーキを冷凍する時のポイント3つ
  1. 水分を多く含むものは別で保存しよう
  2. なるべく空気に触れさせないようにしよう
  3. 食べやすいサイズに小分けしよう

①水分を多く含むものは別で保存しよう

チーズケーキを冷凍保存する際に、ケーキに水滴がついている状態で冷凍したり果物と一緒に冷凍すると、解凍した時に水分が出てきてケーキの味を薄くしてしまいます。

冷凍前にチーズケーキ周りについている水滴を拭くようにしたり、水分を多く含む果物はチーズケーキと別々で保存することをおすすめします。

②なるべく空気に触れさせないようにしよう

チーズケーキが空気に触れたまま冷凍すると、乾燥してスポンジがパサパサになってしまったり、冷凍焼けや他の食品の匂いが移ってしまうこともあります。

チーズケーキを冷凍する時は、前述の通りラップで包んだ後にジップロック等の密封保存袋に入れるようにしましょう。

③食べやすいサイズに小分けしよう

チーズケーキを小分けにする時は、1回で食べきれる量に分けて食品ラップで包んでから保存しておくことで、いつでもチーズケーキを食べることができます。

また、解凍後にカットする必要がなくなるのでケーキの形が崩れる心配もありません。

チーズケーキを小分けにするだけで密閉もしやすく、1回で解凍しすぎてしまうこともないので、ぜひ試してみてください!

食べやすいサイズに小分けすると…
  • 解凍するだけで食べられるようになる
  • 解凍後にカットで形を崩す心配がなくなる
  • 密閉保存もしやすい
  • 再冷凍の心配がなくなる
再冷凍は品質を落とす原因に!

チーズケーキを再冷凍してしまうと、味や食感などの品質が落ちるのはもちろん、雑菌が増えやすくなるため食中毒の危険性も増加します。

チーズケーキには生クリームや卵などの乳製品が使用されていることからも、一度解凍したらすぐ食べられるようにするのがおすすめです。

チーズケーキはどの種類も冷凍できる

皿の上のチーズケーキ

チーズケーキと一口に言ってもスフレチーズケーキやベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ等様々な種類が存在しますが、どの種類でも冷凍することは可能です。

チーズケーキの種類によっては生卵や生クリームが使用されているものがあり、保存方法や元の品質によっては保存期間が短くなってしまう可能性があるので注意してください。

ここからは、チーズケーキの種類ごとの冷凍保存方法についてご紹介をしていきます。

保存期間 冷凍する時のポイント
バスクチーズケーキ
ベイクドチーズケーキ
約3~4週間 ・形崩れを予防するために一度冷蔵で冷やす
・包丁で1ピースずつに切り分ける
・タッパーやフリーザーバッグで密閉保存する
レアチーズケーキ
スフレチーズケーキ
約2~3週間 ・形崩れを予防するために一度冷蔵で冷やす
・形が崩れやすいため、タッパーなど固い容器で保存
手作りチーズケーキ 約1~2週間 ・形崩れを予防するために一度冷蔵で冷やす
・包丁で1ピースずつに切り分ける
・タッパーやフリーザーバッグで密閉保存する

バスクチーズケーキ・ベイクドチーズケーキ

1切れのバスクチーズケーキ

バスクチーズケーキやベイクドチーズケーキは加熱調理されていることから、保存期間は3~4週間と比較的日持ちしやすいスイーツです。

バスクケーキやベイクドチーズケーキを冷凍保存する際は、形崩れを予防するために一度冷蔵で冷やすことをおすすめします。

ある程度冷えてから包丁で1ピースずつに切り分けることで、型崩れせず綺麗に切り分けることができます。

1ピースごとに切り分けたら、食用ラップで隙間なく包みタッパーやフリーザーバッグで密閉保存することで、より高品質な状態を長期間保つことが可能です。

レアチーズケーキとスフレチーズケーキ

1切れのレアチーズケーキ

レアチーズケーキとスフレチーズケーキの冷凍保存期間は約2~3週間です。

レアチーズケーキやスフレチーズケーキを冷凍保存する際も、食用ラップを巻いて冷凍します。

しかし、レアチーズケーキやスフレチーズケーキの生地は非常に柔らかく形が崩れやすい食べ物であるため、タッパーのような固い保存容器の中に入れて冷凍するようにしてください。

手作りチーズケーキ

チーズケーキを作っている人

手作りチーズケーキの保存期間は約1~2週間ほどと、他のチーズケーキと比較するとやや短めです。

基本的な冷凍方法は前述の方法と変わらないため、種類を確認してから適切な方法で保存することをおすすめします。

チーズケーキの解凍方法と美味しい食べ方を紹介

ホールサイズのバスクチーズケーキ

冷凍したチーズケーキを解凍する時は、冷蔵庫に入れて自然解凍する方法がおすすめです。

冷蔵庫内でケーキを2~3時間ほど自然解凍することで、冷凍する前とほとんど同じ味や食感を楽しむことができるのです。

常温での自然解凍はなるべく避ける!

常温でも自然解凍できますが、雑菌が繁殖してしまう可能性が高まってしまうだけでなくケーキが傷んでしまうのでなるべく避けるようにしましょう。

チーズケーキは冷凍や半解凍状態でも美味しい

チーズケーキの中でも焼かれていないレアチーズやスフレのチーズケーキは、冷凍したままでもアイスのような感覚で美味しく食べられます。

ベイクドチーズケーキなどは冷凍したままだと食べにくいですが、約1~2時間ほどかけて半解凍の状態にしたら、こちらもアイスのような食感を楽しむことができます。

冷凍のチーズケーキがたくさんある時には、色々と試してみてお好みの味や食感になる解凍時間を探してみてはいかがでしょうか。

電子レンジで解凍するのは良くない?

電子レンジで解凍するのはあまりおすすめできません。

電子レンジで解凍すると、結露や生地が解けてベチャついてしまったり、解凍にムラができてしまったりすることがあります。

ただし、スフレチーズケーキの場合は冷凍の状態から10秒ほどレンジで温めることで、解凍前と違うしっとりした美味しさを味わうこともできます。

まとめ|チーズケーキの冷凍・解凍方法

この記事のまとめ
  • チーズケーキは冷凍保存しても美味しい!
  • 冷凍保存すると1~4週間は状態をキープできる
  • 常温解凍は味や食感だけでなく雑菌が繁殖しやすくなる
  • チーズケーキは冷蔵庫で時間をかけて自然解凍するのが一番!
  • チーズケーキは冷凍のまま食べても美味しい!

この記事を通して、チーズケーキの冷凍方法や解凍方法を紹介してきました。

チーズケーキは冷凍保存することでどの種類も1~2週間は保存でき、長いものは3週間以上保存できます。

チーズケーキを冷凍する時は「水分を多く含むものは別で保存する」「なるべく空気に触れさせない」「食べやすいサイズに小分けする」ことに気を付けることで美味しさを長持ちさせられます。

チーズケーキを味や食感を損なわず解凍するには、常温ではなく冷蔵庫で自然解凍するのがおすすめです。

また、冷凍のレアチーズケーキや半解凍のベイクドチーズケーキを食べると、アイスのような味や食感になっていて美味しく食べられます。

誕生日会やパーティなどでチーズケーキの冷凍保存が必要になった際はぜひお試しください!

スイーツ

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました