チョコレートの種類はどうやって見分ける?製法や原料の違いを調査

gaya

甘いお菓子の中でもトップレベルの人気を誇るチョコレートは、誰もが知る人気のお菓子です。

一口にチョコレートと言っても、実はその種類は多くそれぞれに個性的な特徴があります。

カカオを含んでいることは知っていても明確な違いを知っている方は少なく、チョコの風味が感じられれば一緒くたにしてしまう方も多いです。

そこで今回は、チョコレートの種類や各種の特徴などを詳しく解説していきます。

この記事のポイント
  • チョコレートはカカオ分で分類
  • 高カカオチョコは健康にメリット
  • 他にも準チョコレートなど様々な分類が
  • 日々新たなチョコレートが開発されている

チョコレートの種類は?どう区別できる?

チョコレートとコーヒー豆、香辛料の画像

日本ではチョコレートの種類について明確な定義がなされています。

具体的には「ミルクチョコレート」「ホワイトチョコレート」「ビターチョコレート」に種類が分かれており、原料であるカカオの含有量やその他の配合物によって決められています。

それぞれのチョコレートの種類について、味の特徴や定義をご紹介します。

基本的にはカカオ分で判断される

何種類もあるチョコレートを分類するための方法として、どれだけカカオ分が含まれているかを基準にすることは多いようです。

チョコとカカオは切っても切り離せない関係で、作る際には欠かせません。

  • カカオニブ~カカオ豆の種子などを取り除いた胚乳部
  • カカオマス~カカオニブをすりつぶしたもの
  • ココアバター~カカオ豆を絞った植物性の油脂
  • ココアケーキ~カカオマスからココアバターを作った後の塊
  • ココアパウダー~カカオマスからココアバターを絞った残りの粉末

厳密にカカオ分は上記の5つと定義されていて、原材料の欄にどれだけ書かれているかが重要になります。

カカオ分を元に実際に分類されるチョコレートにはどのような味の特徴があるのでしょうか。

ミルクチョコレート

チョコレートと聞いて真っ先に浮かび上がるのがこのミルクチョコレートです。

カカオマスやココアバターといったチョコレートの主原料に加えて、乳製品の入った製品を指しています。

成分状では乳固形分が14%以上であることが定められており、この基準を満たさないとミルクチョコレートを名乗ることはできません。

味としては甘さがしっかりしており、チョコレートの代名詞として非常に人気です。

ホワイトチョコレート

ホワイトチョコレートは、カカオマスを含まずココアバターを主原料とした種類のチョコレートです。

カカオバターの甘さを強く感じられるため人気が高く、季節限定の商品などでも多く見ます。

この種類ではココアバターが21%以上含まれていなくてはならないことが定められており、基準は厳格です。

チョコレートの一種ではありつつミルクチョコレートと大きく異なる楽しみ方ができるのがホワイトチョコレートとなっています。

ビターチョコレート

ビターチョコレートは、ダークチョコレートとも呼ばれる種類の製品です。

カカオ分を多く含むことで苦味が強くなっているのが特徴で、一般的にはカカオマスが40%~60%含まれたチョコレートを指します。

含まれる糖質が低いためダイエット中の間食として注目する方も多く、「カカオ◯%」と書かれたパッケージを見たことのある方も多いはずです。

健康的にもプラスの効果が期待されている人気の種類となっています。

【番外編】ダークミルクチョコレート

第四のチョコレートとして話題を呼んでいるのが、ダークミルクチョコレートです。

厳密には50%以上のカカオ分を含むものを指しており、ミルクの甘みとビターの苦さの中間の味わいが感じられます。

チョコレートを選ぶ際には、カカオ分の量に注目すると自分の好みの味が発掘できるでしょう。

ダークミルクチョコレートは新しいタイプのチョコレートとして注目中で、チョコ好きの方はぜひ試してみると新たな味わいが開拓できるかもしれません!

カカオ分が多いと健康的って本当?

子供の手を握る大人の手

「カカオ分が多いチョコレートは健康にいい」という噂を聞いたことはないでしょうか?

チョコレートにカカオが多く含まれることによる意外なメリットを調査しました。

鍵は「カカオポリフェノール」

カカオ分が多いチョコレートには、原料に由来するカカオポリフェノールが多く含まれています。

この成分は健康面で様々な効果が期待できることがわかっており、意識的に摂る方も多いほどです。

・便通改善
・美容効果
・血圧低下
・動脈硬化予防
・脳の活性化

カカオポリフェノールのメリットは非常に多く、他にも低糖質なことで眠くなりにくいことでも知られています。

苦味のあるチョコレートのメリットはかなり魅力的ですので、ぜひ毎日のおやつにしてみてはいかがでしょうか?

高カカオチョコはいつ食べるべき?

健康的なメリットが多いカカオポリフェノールは、いつ摂取するのが最適なのでしょうか。

ポリフェノールは水溶性のため、食べるとすぐに水分と結合して体内に吸収されます。

すぐに効果が発揮される一方で持続性が弱く、数時間しか体内に止まらないのです。

カカオポリフェノールの効果を最大限発揮させたいのであれば、一日の間で何回かに分けて食べるのがいいでしょう。

高カカオチョコの適切な量はどれくらい?

一日に分散させて食べるのがおすすめの高カカオチョコですが、どれくらいの量を食べるべきなんでしょうか。

厚生労働省が公開している資料によれば、お菓子などの嗜好品の一日の目安量は200kcal程度とされています。

これをチョコに換算すると30gほどになり、この基準量を守って食べるのがおすすめです。

量を食べ過ぎてしまうと体調を乱してしまう原因にもなってしまうため、注意しましょう。

準チョコレートって何?チョコレートとの違いは?

商品が陳列されたケーキ屋のショーウィンドウ

お菓子などのパッケージなどで「準チョコレート」という文字を見たことはありますでしょうか。

普通のチョコレートとの違いなどもまとめてご紹介します。

準チョコレートとは

チョコレートと別の種類として扱われているのが準チョコレートです。

公正取引協議会連合会が発表している規則では、下記のような基準が設けられていました。

  • チョコレート :カカオ分35%以上/カカオ分と乳固形分の合計が35%以上
  • 準チョコレート:カカオ分15%以上/カカオ分と乳固形分の合計が12.5%以上

文面だけで見てもよくわからないかもしれませんが、チョコレートのベースとなるカカオ分の量が違いになっています。

食べてみるとカカオ風味の濃さが明確に異なり、違いがわかる方も多いはずです。

チョコレート菓子/準チョコレート菓子

チョコレートのお菓子に関するもう一つの区分が、チョコレート菓子と準チョコレート菓子です。

こちらにも基準が存在しており、どの種類のチョコレートを基にしているかで分かれます。

  • チョコレート菓子 :チョコレート生地60%未満
  • 準チョコレート菓子:準チョコレート生地60%未満

これらの種類はパッケージに大きく印字されていることが多く、ふと見て気になっていた方も多いかもしれません。

チョコレートの味をしっかりと感じたい方は、チョコレート菓子の方を買ってみることをお勧めします。

チョコレートの種類の具体例

これまで様々な種類のチョコレートをご紹介してきましたが、文字だけではイメージしにくいと思います。

そこで各種類の有名なお菓子の例をピックアップしました!

  • チョコレート菓子:ダース、ガーナ、チョコレート効果など
  • 準チョコレート菓子:アルフォート、ポッキー、パイの実など

皆さんがお気に入りのチョコレート菓子はありましたでしょうか。

より自分好みのチョコレートを見つけたい方は、種類にも注目して選んでみるといいかもしれません。

その他の種類のチョコレートは?

割られた板チョコ

日本では上記のような種類のチョコレートが主ですが、ここ最近ではその枠に囚われない種類も発売されています。

中にはテレビ番組で話題を集めたこともありますので、ぜひ最後までご覧ください。

生チョコレート

生チョコレートは、チョコレート生地に生クリームなどを織り交ぜた柔らかいチョコレートを指します。

口当たりが非常に滑らかであるためお土産などに選ばれることも多く、表面にまぶされたココアパウダーの苦味なども楽しめる一品です。

生チョコレートはさらにチョコレートトリュフの中身として使用されることもあり、他の種類のチョコレートとも深く関係しています。

ルビーチョコレート

従来の種類のチョコレートとは異なりピンク色が目を引くルビーチョコレートは、登場時テレビなどでも話題になりました。

スイス発のこのチョコレートはカカオ豆に特殊な加工を施すことで酸味も持っており、今では様々なお菓子に使用されるようにもなっています。

カカオしか入っていないにも関わらずピンクで酸味のあるチョコレート、興味のある方はぜひお試しください。

クーベルチュールチョコレート

世間的には高級品というイメージを持たれているのが、クーベルチュールチョコレートです。

ココアバターの含有量が31%以上と他の種類のチョコレートより多く、単体で食べるチョコレートではありません。

ケーキのコーティングなど製菓目的に使用されるのが中心のチョコレートとして知られています。

まとめ|チョコレートの種類はどうやって見分ける?

この記事のポイント
  • チョコレートはカカオ分で分類
  • 高カカオチョコは健康にメリット
  • 他にも準チョコレートなど様々な分類が
  • 日々新たなチョコレートが開発されている

今回は、お菓子の中でも不動の人気を誇るチョコレートの種類をご紹介しました。

チョコレートはその原料であるカカオマスやココアバターの割合によって呼称が変わり、そこには明確な基準が存在しています。

またチョコレートを利用したお菓子についても、どのチョコレートを使っているかで種類が別です。

お気に入りのチョコレートをお探しの方は、その種類を基にして選んでみるとスムーズに見つけられるかもしれません。

スイーツ

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました