冷凍庫の霜取りは電源切らないでできる?霜が降りる原因と対策も紹介

jima

冷凍庫の霜取りを、いちいち電源を切ってからするのは面倒くさいと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、冷凍庫の霜取りには電源切らないで霜取りをできる効果的な方法があります。

この記事では、効率よく冷蔵庫の霜取りをしたいと考えている方に向けて、冷凍庫の電源切らないで行う効果的な霜取り方法や霜の原因、また結露のリスクを軽減する方法をご紹介していきます。

冷凍庫内の湿度コントロールと結露対策をマスターすることで、電源切らない効果的な霜取り方法を身につけましょう。

冷凍庫の霜取りは電源切らないでできる?霜取りの方法

冷凍庫の中に霜ができている

冷凍庫内の霜が増えてくると、冷却効率が低下し電力消費も増えるため、定期的なメンテナンスが重要ですが、いちいち電源を切って行うのは面倒くさいですよね。

実は、冷凍庫の霜取りをする時は、電源切らないで作業をしても問題ありません。

ここでは、電源切らないで行う冷凍庫の霜取り方法とその手順を詳しく解説していきます。

電源切らない冷凍庫の霜取り方法2つ
  1. 温めたタオルで溶かす
  2. へらを使って削る

①温めたタオルで溶かす方法

温めたタオルを使う方法は準備物も少なく、薄い霜であれば簡単に効率よく取り除けるためおすすめの方法です。

薄い霜取りには効果的で効率よく取り除くことができますが、電源切らないで作業するため、水と電気の接触には十分注意しましょう。

ただし、分厚く張り付いた霜には効果が低いため別の方法をとる必要があります。

温めたタオルで溶かす方法
【準備するもの】
・温水を含ませたタオル
・ボウルやバケツ
・乾いたタオル

【手順】

①冷凍庫内の物を移動させる
冷凍庫は電源切らないで開けた状態で作業するため、中のものは移動させましょう。
クーラーボックスがあれば便利ですが、なければ一時的に冷蔵庫へ移動しても構いません。
②冷凍庫内のタオルの準備
霜取り中に溶けた水滴が冷凍庫や床などに落ちないように事前にタオルを敷いておきます。
③温かいタオルの準備
温水を入れたボウルやバケツにタオルを浸します。
タオルが湿っていることが大切ですが、滴り過ぎないように絞るか、余分な水を振り落としましょう。
お湯がない場合は濡れたタオルを電子レンジで加熱してもできます。その際に加熱しすぎないように注意しましょう。
④霜取り
温めたタオルを霜にあてゆっくり溶かしていきます。
1回で溶けない場合は何度か繰り返してください。
少し厚めの霜であれば2~3度繰り返せば手で少し力を加えるだけで取ることができます。
⑤拭き上げ
中に水分が残っていると霜の原因となりますので、霜を取り終えたら乾いたタオルなどで水分を完全に拭き取ってください。

②へらを使って削る方法

へらを使った方法は分厚い霜でも比較的簡単に除去することができますが、冷蔵庫内部を傷つけるおそれがあるため注意してください。

また、へらの先に手を置くと自分の手にあたる可能性もあるので怪我をしないように丁寧に作業することをおすすめします。

へらを使って削る方法
【準備するもの】
・へら(プラスチック製など、冷凍庫の内部を傷つけない素材のもの)
・手袋(霜取り作業中の手の保護用、任意)
・ボウルやバケツ
・乾いたタオル ・温かいタオル(なくても良いが、温めることで効率的に除去できる)

【手順】

①冷凍庫内の物を移動させる
温めたタオルの時と同様に冷凍庫内の物をクーラーボックスなどに移しておきましょう。
②冷凍庫内のタオルの準備
冷凍庫内に水滴が落ちないようにタオルなどを敷いておきましょう。
また、へらで削り取った霜を入れるバケツやボウルがあると便利です。
③へらの準備
プラスチック製やゴム製など、冷凍庫の内部を傷つけない素材でできたへらを用意します。
霜を削るための道具として使用します。
④霜の削り取り
へらの先を霜に対して斜めに当て、霜を削る動作を繰り返し、冷凍庫の壁や床に付着した霜を優しく削り取ります。
霜が削れて水になるため、ボウルやバケツを用意して水が溜まるようにしておくと便利です。
硬い場合は温かいタオルで柔らかくしてから削ると効果的です。
⑤水の処理
削った霜が水に変わるため、定期的にボウルやバケツを交換して水を捨てるか、排水の用意がある場合はそれに流します。
作業中に水が冷凍庫の中に流れ込むのを防ぐよう注意しましょう。
⑥拭き上げ
霜取り作業が終われば冷凍庫内部を乾いたタオルで拭き上げます。
拭き残しは霜の原因となってしまいますので、しっかり拭き上げましょう。

余りにも霜が分厚い場合は電源を切った方がいい

冷凍庫内の霜が極めて分厚い場合は、温かいタオルやへらだけでは効果的に霜を取り除くのが難しいことがあります。

そのような状況ではやや手間にはなりますが、電源を一時的に切ってから作業を進めることをおすすめします。

電源を切ることで、冷凍庫内の温度が上昇し霜が溶けやすくなるので、その状態でへらなどを使って削ることで効率的に霜取り作業ができます。

電源を切って作業する時の注意!

電源を切る際には冷蔵庫や冷凍庫内の食品などを適切な保管場所に移動させ、食品が腐らないように注意しましょう。

また、霜が徐々に溶け始めるため、下に乾いたタオルなどを敷いておくと床が濡れずにすみます。

冷凍庫の霜取りでやってはいけないこと2つ

ドライヤーで冷凍庫の霜を溶かしている

ここまで効率的な霜取り方法をご紹介してきましたが、してはいけない霜取り方法もあることをご存知でしょうか。

間違った霜取り方法をしてしまうと、時間を浪費するだけでなく、冷凍庫の破損にもつながることになります。

ここでは、冷凍庫の霜取り作業中に避けるべき、やってはいけない方法をご紹介します。

冷凍庫の霜取りでやってはいけないこと2つ
  1. ドライヤーを当てて溶かす
  2. 先のとがったもので削る

①ドライヤーを当てて溶かす

ドライヤーを使ってしまうと、熱風が冷凍庫本体や冷却システム、食材にダメージを与えたり、湿度が上がることでカビや雑菌を繁殖させてしまいます。

温風で簡単に霜取りができると思いがちですが、ドライヤーによる霜取りは行ってはいけません。

ドライヤーを使うと生じる問題4つ
①冷凍庫の冷却システムへのダメージ
ドライヤーの熱風が冷凍庫内の冷却システムに直接当たることで、システムの熱膨張や損傷が発生する可能性があります。
②食品の品質への影響
ドライヤーの熱風が冷凍庫内の食品に加熱をもたらし、品質や安全性に悪影響を及ぼす可能性があります。
③湿度の上昇
ドライヤーの熱風が冷凍庫内の湿度を上げることがあり、湿度の増加によるカビや雑菌の繁殖を助長する可能性があります。
④冷凍庫の変形
ドライヤーの熱風は集中的な熱を供給するため、冷凍庫の構造や素材に影響を与え、変形や損傷を引き起こす恐れがあります。

②先のとがったもので削る

先のとがったもので削る方法も冷凍庫の霜取り作業において避けるべき方法の一つです。

代わりに、冷凍庫に優しいプラスチック製のへらやタオルを使用し、適切な方法で霜取りを行うことをおすすめします。

先のとがったもので削ると生じる問題3つ
①冷凍庫の損傷のリスク
先のとがったものを使用して霜を削ると、冷凍庫の内部や冷却システムに傷をつけ冷凍庫の効率や性能が低下する可能性があります。
また、冷凍庫の内部のプラスチック部品が傷つくことで冷凍庫内部の気密性が損なわれ、効率的な冷却が妨げられる可能性があります。
②安全性の問題
先のとがったものを使用して削る作業は、怪我や事故の原因になり、けがをする危険性があるため、できる限りやめておきましょう。
③効率の低下
先のとがったもので削る作業は、効率的に思われるかもしれませんが、実は削る面積が小さく手間と時間がかかります。

冷凍庫の霜が降りる原因4つ

一面の霜

冷凍庫に霜が降りる原因は、主に結露と呼ばれる現象にあります。

結露とは、湿った空気が冷たい物体に触れると水蒸気が液体の水として凝結する現象で、冷凍庫の内部でも同じような原理が働いています。

普段何気なく行っている行動が、結露を発生させ霜が降りる原因となっているかもしれません。

冷凍庫の霜が降りる原因4つ
  1. ドアを頻繁に開閉しすぎている
  2. 温かい食べ物を入れている
  3. パッキンが損傷している
  4. 吹き出し口がふさがっている

①ドアを頻繁に開閉しすぎている

冷凍庫のドアをよく開け閉めすると、中の冷たい空気と外の暖かい空気の温度の違いが大きくなります。

その温度の違いで外の空気中にある水分が冷凍庫の中の冷たい部分に触れ、水滴として現れる結露ができます。

この結露が繰り返し発生すると、冷凍庫内部に霜が発生してしまうのです。

②温かい食べ物を入れている

冷凍庫に温かい食べ物を入れることも霜が降りる原因となります。

温かい食べ物から発生する湯気や熱が冷凍庫内の冷たい環境と接触することで、湯気が凝縮して水滴となり、結露ができます。

特に、食材を密閉容器に入れて冷凍庫に入れると湯気が閉じ込められて結露のリスクが高まり、温かい食べ物が冷却される過程で周囲の食材や冷凍庫内の氷や霜を溶かすことがあります。

この溶けた水分が冷却されて凝縮し、結露の原因となり霜が発生してしまうのです。

③パッキンが損傷している

ドアのパッキンが損傷していると冷凍庫内部と外部との間に隙間が生じ、外気や湿気が冷凍庫内に侵入し、結露の原因となる可能性があります。

ドアが完全に閉まらない状態や物がパッキンに挟まっている場合も隙間が生じ、外気が入り込むことで結露が発生する恐れがあります。

さらに、パッキンが古くなったりドアの調整不良によっても結露を引き起こし、霜が発生してしまいます。

④吹き出し口がふさがっている

冷凍庫内部に冷気を送り込む吹き出し口がふさがっている状態では適切な冷却が行われず、冷凍庫内の温度が下がらずに残ります。

これにより、湿気が冷やされずに冷凍庫内に留まり、湿度が上昇し結露へと繋がり霜が発生します。

冷凍庫の霜取りを減らすための対策5つ

笑顔の女性が冷凍庫を開けている

冷凍庫の霜取り作業の頻度を減らすためには、冷凍庫の霜が降りる原因を理解したうえで、結露や外気の侵入を最小限に抑え、冷凍庫内の湿度と温度を適切に管理することが大切です。

ここからは、冷蔵庫の霜取りを減らすための具体的な対策について5つご紹介します。

冷凍庫の霜取りを減らすための対策5つ
  1. ドアはすぐ閉め、開け閉めしすぎない
  2. 食材を冷ましてから冷凍庫に入れる
  3. 小まめに霜を拭き取る
  4. ドアのパッキンをメンテナンスする
  5. 霜取り機能がついた冷凍庫に変える

①ドアはすぐ閉め、開け閉めしすぎない

ドアを開けた際にはできるだけ素早く必要なものを取り出し、ドアを素早く閉めることで外気の侵入を最小限にしましょう。

外気の侵入を最小限にすることで冷凍庫内の湿度と温度を安定させ、結露の発生を減少させることができます。

これらの対策を実践することで、霜取り作業の頻度を減らすことができます。

②食材を冷ましてから冷凍庫に入れる

食材を冷ましてから冷凍庫に入れることは、冷凍庫の霜取り作業を減らすための重要な対策です。

食材の粗熱を取ることにより、湯気の発生を防ぎ結露のリスクを低減させることができます。

温かい食材を直接冷凍庫に入れると食材からの湯気が冷たい空気と接触して結露が生じる可能性がありますが、食材を冷ますことでこの問題を軽減できます。

③小まめに霜を拭き取る

冷凍庫の霜取り作業を効果的に行う方法として、小まめに霜を拭き取る方法があります。

この方法は、霜取りの回数自体は増えるかもしれませんが、タオルを使って簡単に行えるため大きな霜を取り除く作業よりも手軽です。

また、小まめに霜取りすることで大きな霜の付着予防にも効果的です。

④ドアのパッキンをメンテナンスする

冷凍庫の結露対策として、ドアのパッキンを定期的にメンテナンスすることも大切です。

ドアのパッキンが結露の原因となる場合、何かが挟まっていたり歪んでいたり、破損している可能性があります。

ドアのパッキンに何かが挟まっている場合は、それを取り除いてあげることで正常な密閉ができます。

また、パッキンが歪んでいる場合は調整して正しい形状に戻し、パッキンが破損している場合は修理か交換が必要となります。

もし自力で解決できない場合には、メンテナンスや修理に関する情報が載っているのでメーカーの公式サイトや取扱説明書を見てください。

また、メーカーのカスタマーサポートに問い合わせることで、修理依頼や修理方法を教えてもらうことができます。

⑤霜取り機能がついた冷凍庫に変える

冷凍庫の結露対策をさらに効果的にするための手段として、霜取り機能が備わった新しい冷凍庫への買い替えを検討することもおすすめです。

霜取り機能を備えた冷凍庫は霜取り作業の手間を大幅に軽減し、結露対策そのものが不要になります。

最新の冷凍庫には冷凍庫内部の湿度や温度を適切に管理し、結露の発生を最小限に抑えることができる機能が備わってます。

結果として、手動での霜取り作業や結露対策にかかる労力や時間を大幅に削減することができます。

もし冷凍庫を買い替える予定があるなら、霜取り機能が備わったモデルも検討してみてはいかがでしょうか。

冷凍庫の霜取りと対策|まとめ

冷凍庫の霜取りは、電源切らない方法をおすすめします。

タオルを使う方法は薄い霜に向いており、へらを使う方法は分厚い霜に効果的で、どちらの方法も電源切らないで行えるため、冷凍庫のメンテナンスを手軽に行うことができるでしょう。

また、ドアの頻繁な開閉や温かい食材の入れ過ぎは、結露の原因となるため注意が必要です。

ドアパッキンを定期的にメンテナンスし、外気や湿気の侵入を防ぐように心がけましょう。

さらに、新しい冷凍庫には霜取り機能があり、手間を軽減できるため検討する価値があるので買い替える予定があるなら検討することをおすすめします。

忙しい日常でも定期的な霜取りを心掛け、冷凍庫内の状態を良好に保つよう心がけましょう。

コラム

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました