二日酔いにはコーヒーが効く!?効果やオススメの飲み物を解説!

Mu

ついつい飲みすぎてしまった翌日にやってくるのが二日酔いですよね。「辛い二日酔い、どうやったら早く治るのか…」と苦悩した方も多いと思います。

今回の記事では、二日酔いにおけるコーヒーの効果やおすすめの飲み方について解説します。

またコーヒー以外にも二日酔いの時におすすめの飲み物をご紹介しますので、「少しでも早く二日酔いをなんとかしたい!」という方はぜひご一読ください。

この記事のポイント
  • 二日酔いの原因はアルコールに含まれる成分による血管膨張や脱水症状、胃のムカつき
  • 二日酔いの症状に対してミルクや砂糖を入れたコーヒーを飲むことは効果的
  • コーヒーのほかに、スポーツドリンクやトマトジュース、しじみ汁が二日酔い対策におすすめ

つらい二日酔い…その原因は?

額を抑える男性

そもそも、この辛い二日酔いになってしまう原因は一体何なのでしょうか。

まずはじめに、飲みすぎて二日酔いになってしまうのはなぜなのか、二日酔いになるまでの原因とメカニズムについて解説します。

原因①アセトアルデヒドによる血管拡張

二日酔いの主な原因は、アルコールを分解する際に発生する「アセトアルデヒド」という物質にあります。

アセトアルデヒドは吐き気や動機、胸やけなど様々な症状を引き起こす毒素です。

特に血管を拡張させる作用があり、拡張された血管が周囲の神経を刺激することで身体の痛みやだるさを感じる原因になります。

その痛みを感じる部位の中でも脳は血管と神経が多いため影響が大きく、アルコールを飲んだ翌日に強い頭痛を感じるのはこのアセトアルデヒドによる血管の拡張が原因とされています。

原因②アルコールの利尿作用による脱水症状

次に考えられる二日酔の原因として、アルコールの利尿作用によって知らず知らずのうちに軽度の脱水症状になっていることが挙げられます。

というのも、普段私達は尿を作る「利尿ホルモン」と、利尿ホルモンの働きを抑える「抗利尿ホルモン」の2つがバランス良く働いていることによって排尿を調節しています。

お酒を飲むとお手洗いによく行くようになる方もいらっしゃるかと思いますが、アルコールは抗利尿ホルモンの働きを抑えてしまうため、飲んだ以上に水分を排泄するようになってしまうのです。

こうして軽度の脱水症状になると、二日酔いの時に感じる喉の乾きや吐き気、食欲の減退、全身の疲労感などの症状が現れるようになります。

原因③アルコールによる胃のムカつき

お酒を飲んだ次の日に胃がムカついたり胸焼けが現れたりすることもあるかと思いますが、これらもアルコールによる作用です。

ひどい飲み方をしてアルコールの摂取量が増えると、消化管に直接障害を起こすだけでなく、粘膜の血流や消化液などに影響を与え、間接的にも障害を起こすようになってしまうのです。

アルコールはほぼ全ての消化器官に作用するため、過度に摂取してしまうと二日酔いどころか様々な疾患の原因にもなってしまいますので十分注意しましょう。

二日酔いにコーヒーが効くって本当?その理由を解説

コーヒーの入ったマグカップを持つ手

ここまで二日酔いの原因やそのメカニズムについて紹介しました。

そんな二日酔いの症状を緩和する方法として「コーヒーを飲むこと」が上げられることがありますが、これは本当です。

この部分では、二日酔いにコーヒーが効く理由を3つ紹介します。

二日酔いにコーヒーが効く理由
  • カフェインによる血管収縮で頭痛や倦怠感の緩和
  • 利尿作用でアセトアルデヒドを輩出できる
  • 疲労軽減効果がある
  • 理由①カフェインによる血管収縮

    「二日酔いにコーヒーが効く」と言われる理由の1つ目は、コーヒーに含まれるカフェインの血管収縮作用によるものです。

    カフェインの血管収縮作用によって、アセトアルデヒドの作用で拡張された血管を正常な状態に戻してくれる効果があります。

    血管が正常な状態になることで、結果として頭痛や倦怠感といった二日酔いの症状の解消につながるというわけです。

    二日酔いの時にはコーヒーを飲んで癒やされながら、ズキズキする嫌な頭痛を和らげるのが良いですね。

    理由②利尿作用でアセトアルデヒドを排出

    コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用がありますので、体内にたまったアセトアルデヒドを早く尿として排出するのを助けてくれる効果があります。

    しかしコーヒーが二日酔いに効くからといってコーヒーばかりを飲んでいると、脱水症状がより進んでしまいかえって体内のアセトアルデヒド濃度を高めてしまう可能性があるため注意が必要です。

    理由③疲労軽減効果

    仕事で疲れた…という時にコーヒーを飲んで休憩しようと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    疲れた時にコーヒーを飲むと元気が出るのは、カフェインの疲労回復効果や覚醒作用によるもので、これも二日酔いに効果があります。

    またカフェインには、代謝を上げる効果や興奮時に優位になる交感神経を高める効果、リラックス効果もあります。

    そのため疲労が軽減され、二日酔いでだるさのある身体を少しでも楽にするのに効果的といわれているというわけです。

    ブラックはNG!二日酔い時のおすすめの飲み方

    コーヒーカップにブラックコーヒーを注ぐ人

    「コーヒーが二日酔いに効く」、ということが複数の理由から明らかになりました。

    しかしせっかくのコーヒーも、ブラックで飲んでしまうと二日酔いには逆効果になってしまう可能性もあります!

    ここからは、二日酔いに効果的なおすすめのコーヒーの飲み方をご紹介します。

    ミルクや砂糖を入れるのがオススメ!

    二日酔いの時にはコーヒーにミルクや砂糖を入れる飲み方がおすすめです。

    というのも、コーヒーには胃液を分泌させる効果があるため、二日酔いで弱った状態の胃にブラックコーヒーを入れるとかえって胃に負担をかけてしまうからです。

    コーヒーにミルクを入れるとまろやかで飲みやすくなることに加え、胃の粘膜を保護してくれるようになります。

    またアルコールの分解には糖質が使用されるため、砂糖も一緒に合わせることで効率的にアルコールを分解することができ、二日酔いへの効果が高く期待できます。

    コーヒーだけじゃない!二日酔いに効果のある飲み物

    ピンクの容器に入った飲み物を飲む男性

    「コーヒーは二日酔いに効く」という説をご紹介しましたが、コーヒー以外にも二日酔いの時におすすめな飲み物はいくつか存在するのをご存知でしょうか。

    この部分では二日酔いの時におすすめな飲み物や飲み方、その効果について解説します。

    二日酔いに効果のある飲み物
    • スポーツドリンク
    • トマトジュース
    • しじみ汁

    スポーツドリンク

    二日酔いに効果のあるおすすめの飲み物の1つ目はスポーツドリンクです。

    アルコールによる脱水症状を抑えるためにも、まずは水分補給をしっかりと行う必要があります。

    水分が特に身体に浸透しやすい経口補水液などを選んで、こまめに飲むのが良いでしょう。

    またスポーツドリンクは、お酒を飲むことによって失われた糖質やミネラルも速やかに補給してくれます。

    ただし、スポーツドリンクに含まれる糖質は角砂糖であれば6個分に相当するため、飲み過ぎないように注意しましょう。

    トマトジュース

    二日酔いに効果のあるおすすめの飲み物、2つ目はトマトジュースです。

    アルコールは、分解される時にビタミンを使用するのですが、トマトジュースには豊富なビタミンCが含まれており、二日酔いの症状の緩和に役立ちます。

    また、トマトに含まれているクエン酸やグルタチオンには、肝臓内のアルコール分解酵素を活性化させる作用が期待されているため、アセトアルデヒドのスムーズな分解に役立つといえます。

    しじみ汁

    二日酔いに効果のあるおすすめの飲み物、3つ目はしじみ汁です。

    しじみにはアミノ酸・ミネラル・タウリン・鉄分など様々な栄養素が含まれており、特にタウリンには、アルコール分解に必要な酵素の手助けをしてくれる作用があります。

    また、しじみにはオルチニンも含まれており、肝臓によるアセトアルデヒドの分解を助けてくれるだけでなく、血液中に残った毒素を分解する働きもあります。

    しじみ汁は飲酒前に飲むのがおすすめ

    ただし、二日酔いの状態の体内(アセトアルデヒドが蓄積されている状態)では、アセトアルデヒドの分解が間に合わず、オルチニンの効果を最大限に発揮することはできません。
    オルチニンが最大限に効果を発揮するためには、アセトアルデヒドが分解しきれるだけの量であることが必要となります。
    そのため、しじみ汁は飲酒前に飲んで二日酔い予防として活用することをおすすめします。

    二日酔いにはコーヒーが効く!?効果やオススメの飲み物を解説!まとめ

    この記事のポイント
    • 二日酔いの原因はアルコールに含まれる成分による血管膨張や脱水症状、胃のムカつき
    • 二日酔いの症状に対してミルクや砂糖を入れたコーヒーを飲むことは効果的
    • コーヒーのほかに、スポーツドリンクやトマトジュース、しじみ汁が二日酔い対策におすすめ

    今回の記事では、二日酔いにはコーヒーが効果的であるのかどうかを解説しながら、アルコールとの関係について紹介しました。

    二日酔いの原因として、アセトアルデヒドによる血管拡張、アルコールの利尿作用による脱水症状や、アルコールが消化器官へ影響することによる胃のムカつきなどが挙げられます。

    その3つの要素を一つ一つブロックし二日酔いを緩和してくれるのがコーヒーで、血管収縮や利尿作用によるアセトアルデヒドの排出、疲労軽減効果が期待できます。

    ただしその時には、コーヒーはブラックで飲んではいけないことも大きなポイントで、かえって身体にダメージを与えないためにも、ミルクや砂糖を入れて飲むようにしましょう。

    また、コーヒー以外にもおすすめな二日酔いに効果的な飲み物として、スポーツドリンク・トマトジュース・しじみ汁もご紹介しました。

    日々のストレスから開放されたい、そんな思いからついつい飲みすぎてしまうこともあると思います。

    そんな時にはご紹介した飲み物とおすすめの飲み方を実践して、少しでも軽減してみてはいかがでしょうか。

    飲み物

    飲み物

    このサイトはプロモーションを含んでいます。

    記事URLをコピーしました