カップ麺はレンジで調理しても大丈夫?調理方法から美味しくなる理由まで

jima

お湯を入れるだけで誰でも簡単に作れるカップ麺。電子レンジで調理するとさらに美味しくできると言われていることはご存じでしょうか。

しかし、電子レンジでカップ麺を調理するのは危険との声もあります。

この記事では、カップ麺を電子レンジで調理しても大丈夫なのか?から、注意点、電子レンジで調理すると美味しくなる理由についてご紹介をしていきます。

この記事のポイント
  • カップ麺は容器のまま電子レンジで調理してはいけない
  • カップ麺を電子レンジで調理するときは別の耐熱容器に移す必要がある
  • カップ麺を電子レンジで調理すると時間短縮、麺がモチモチになる

カップ麺は電子レンジに容器のまま入れるのは危険

カップラーメン

カップ麺を電子レンジに容器のまま入れると危険である理由には、容器と蓋がプラスチックやアルミでできていることが関係しています。

プラスチックやアルミは電子レンジで調理してしまうと変形や発火、最悪の場合には爆発してしまう可能性があるのです。

中身を移せば電子レンジ調理できる

カップ麺の容器は電子レンジ調理に適しませんが、カップ麺内に入っている麺や具材自体は電子レンジにかけても影響がないので、耐熱容器に中身を移し替えてから電子レンジにかけることは可能です。

カップ麺を電子レンジで調理してみたいと考えている方は、必ず中身を耐熱容器に移し替えてから加熱するようにしてください。

カップ麺容器の危険性
アルミの蓋
発火や爆発を起こす危険性が非常に高い
プラスチック容器
容器の変形や溶解、有毒な成分が出る可能性が上がる

公式サイトにも推奨されていない方法

カップ麺を容器のまま電子レンジに入れる危険性については日清の公式ホームページにも記載されています。

カップ麺を電子レンジで調理することに関して日清の公式サイトに記載されている内容は以下の通りです。

電子レンジ対応の製品以外は、そのままの容器で電子レンジにかけないでください。
噴きこぼれや変形による火傷の原因になるおそれがあります。また、カップめんのフタはアルミを使用していますので、発火、破損の原因になります。調理方法に従い、熱湯で調理してください。
やむを得ず電子レンジを使用される場合には、必ず電子レンジに対応した器に移し替えてください。

引用:カップヌードル|日清食品グループ

日清の公式サイトを見てみると、やはりカップ麺を電子レンジ調理することは推奨されておらず、一般的な作り方であるお湯を使用した調理方法が推奨されています。

また、電子レンジで調理する場合は容器を移し替えることが記載されていることからも、カップ麺の容器を電子レンジで温めるのは危ないことが分かるのではないでしょうか。

レンジ調理で生麺のような食感に

醤油ラーメン

基本的にカップ麺を電子レンジで調理する際は耐熱容器に移す必要がありますが、そこまでして電子レンジで調理する意味はあるのでしょうか。

カップ麺はお湯だけで調理しても手間をかけずに十分美味しく食べることができますが、電子レンジで調理すると麺が生麺のようなモチモチ食感になり、一段と美味しく食べられるようになります。

また、お湯だけで調理した場合、3分~5分ほどかかるところを、電子レンジ調理ではより早く作ることができます。(目安時間:1~2分)

それに加え、間違ってお湯ではなく水を入れてしまった場合でもいつも通りの美味しいカップ麺に仕上げることができるのは嬉しい点ですね。

カップ麺を電子レンジで調理するだけで調理時間を短縮し、より美味しい状態に仕上げられるのでぜひお試しください。

お湯と水の加熱時間の違い

カップ麺を耐熱容器に移し、電子レンジで調理する場合、お湯を入れるか水を入れるかによって加熱時間が変わります。

お湯の場合はカップ麺に表示されている時間の6割ほどの時間温めましょう。

水を入れた場合は、600Wの電子レンジでカップ麺に表示されている時間くらいの時間だけ加熱すればOKです。

水とお湯のどちらを使っても、電子レンジを使って調理すると生麺を食べているかのような感覚を味わます。

電子レンジを使用したカップ麺の作り方
1.お湯を沸かし耐熱皿にカップ麺を移す
水・お湯をカップ麺の基準線まで入れてから耐熱皿に中身を移す
2.電子レンジにで加熱する
水なら(目安時間+1~2分)、お湯なら(目安時間̠‐1~2分)加熱する
3.ソースや具材を入れる
付属のソースや具材・お好みのトッピングをしたら完成

カップ焼きそば・汁なし麺も電子レンジで作れる

水・お湯のどちらでも電子レンジで加熱調理をすることでカップ麺を美味しく作れますが、カップ焼きそばや汁なし麺も同様に作ることができます。

電子レンジで調理することで普段とは異なるモチモチした食感にできるので興味のある方はぜひお試しください。

カップ焼きそばや汁なし麺を電子レンジで作る際の手順は以下の通りになります。

カップ焼きそばや汁なし麺の調理方法
水・お湯で2~3分ほどほぐす
カップ焼きそばや汁なし麺の容器に水・お湯を入れて2~3分ほど麺をほぐす
別の耐熱皿に移して電子レンジで加熱する
水・お湯を溢した麺を耐熱皿に移して2分ほど加熱する
トッピングをかける
ソースや調味液をかけたら完成

カップ麺をレンジで温める際の注意点

STOPと書かれた標識

カップ麺を電子レンジで加熱する際にはいくつかの注意点に気をつけないとスープが減ってしまったり、火傷などの怪我をしてしまう危険性があります。

また、カップ麺自体の品質が落ちてしまう場合もあるのでしっかり知識を蓄えてからレンジ加熱を試してみるようにしてください。

カップ麺を電子レンジで調理する際の注意点
  • カップ麺容器のまま電子レンジ調理するのは絶対に避ける
  • 水・お湯を基準量より少し多めに入れる
  • 細麺は電子レンジ調理時間を短めにする

水・お湯を基準量より少し多めに入れる

お湯のみで調理する時とは異なり、電子レンジで加熱すると常に高温状態が保たれるため、注いだお湯が蒸発しやすくなります。

普段よりお湯が少なくなると味が濃くなったりスープが減ってしまう可能性があるので、普段とは異なる味わいになってしまうかもしれません。

カップ麺を電子レンジで加熱する際は、お湯の基準線より1~2メモリ分くらい多めに入れるのが目安の水分量です。

細麺は電子レンジを短めにする

細めんのカップ麺だと生麺の食感に近づけられるものの、水っぽくなったり、ふやけているような状態になってしまう可能性があります。

細麺のカップ麺を電子レンジで調理する際は、加熱時間を1分未満にしたりと電子レンジの使用する時間を減らすことで、麺が水っぽくなるのを避けることができるのでぜひお試しください。

その点、太麺のカップ麺は細麺より麺が丈夫であるため、電子レンジでの加熱時間が少し長くなっても十分美味しく食べる事ができます。

カップ麺を電子レンジで調理することで味や調理時間が変化する理由

右を指す女性

電子レンジで加熱調理すると調理時間を短縮できたり、モチモチとした食感に変化させられたりします。

電子レンジで調理しただけでこのような変化が起こるのはなぜなのでしょうか。

そこには、「お湯が高温な状態を保てること」が関係しています。

調理時間が短くなる

カップ麺を電子レンジで加熱調理すると調理時間が短くなります。

その理由はお湯が高温であり、その状態を保つことができるためです。

というのも、インスタントの麺は一度完成した麺を揚げ、調理したりフリーズドライ調理で乾燥させると、元々水分が含まれていた場所に分子レベルで小さな穴が開きます。

その穴に水が戻ることによってインスタント麺は食べられる状態、つまり乾麺をお湯で戻した状態になります。

そして温度が高いほど、穴に水が戻るスピードが早くなります。

電子レンジは高い温度を一定に保てるので、インスタント麺に空いた穴により多く、早く水分を戻すことができ、結果、短い調理時間でカップ麺を作ることができるという訳です。

麺がモチモチになる

カップ麺を電子レンジで加熱調理すると、麺がモチモチになります。

その理由は電子レンジは食品の内側まで加熱することができるためです。

つまり、麺をグツグツ茹でている状態が続くためにモチモチとした食感になるということです。

カップ麺を電子レンジ調理するとモチモチした麺になるのはこのような理由が挙げられます。

カップ麺を電子レンジで加熱しても大丈夫?|まとめ

この記事のポイント
  • カップ麺は容器のまま電子レンジで調理してはいけない
  • カップ麺を電子レンジで調理するときは別の耐熱容器に移す必要がある
  • カップ麺を電子レンジで調理すると時間短縮、麺がモチモチになる

カップ麺を容器のまま電子レンジで調理するのは大変危険です。

しかし、別の耐熱容器に移すことで電子レンジで調理することができるようになり、味や調理時間を変化させることができます。

電子レンジを使ってカップ麺を調理する際には、必ず耐熱容器に移し替えるなど安全性を考慮したうえで調理をするようにしてみてください。

カップ麺を電子レンジで調理することで生麺のような食感にできたり、調理時間の短縮ができるだけでなく、誤って水を入れてしまった際にも美味しい状態に仕上げることができます。

カップ麺に電子レンジ調理というひと手間を加えるだけでいつも食べているカップ麺をさらに美味しく食べられるようになるかもしれませんね。

レトルト・インスタント

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました