ブラジルコーヒーが有名なのはどうして?味の特徴や銘柄を解説!

gaya

どの時代でも愛飲する方の多いコーヒーは、集中力を高めるなど様々な効果があることで知られています。

挽くコーヒー豆の銘柄によって味に特徴が出ることもあり、こだわりを持っているコーヒー好きの方も多いのではないでしょうか。

数あるコーヒーの中でもブラジル産の銘柄を使ったブラジルコーヒーは特に人気ですが、他のコーヒーと比較してどのような特徴があるのかを調査しました。

コーヒー好きの方であれば見逃せない内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事のポイント
  • ブラジルの銘柄のコーヒーがブラジルコーヒー
  • ブラジルは世界一のコーヒー大国
  • コーヒーとブラジルの歴史はかなり長い
  • ブラジルコーヒーは飲みやすさが魅力
  • ブラジルのコーヒー文化は日本と大きく異なる

ブラジルコーヒーって何?

豆の上に置かれたコーヒーと豆

そもそも“ブラジルコーヒー”とは何を指していてどのような意味を持った言葉なのでしょうか。

ブラジルコーヒーやブラジルとコーヒーの知られざる関係をご紹介します。

ブラジルコーヒーとは

ブラジルコーヒーとはつまり、ブラジル産の銘柄を使ったコーヒーを指しています。

特定の銘柄だけがブラジルコーヒーというわけではないという点に注意が必要です。

ブラジルの中でも赤道を挟んで南緯25度から北緯25度までの地域はコーヒーベルトと呼ばれており、ここでほとんどの銘柄が生産されています。

ブラジルではコーヒー豆の生産が活発に行われており、世界に誇る産業となっているのです。

ブラジルは世界一のコーヒー大国

コーヒーと聞いてブラジルを思い浮かべる方も多い通り、ブラジルは世界で最もコーヒー豆を生産している国です。

世界で流通しているコーヒー豆の1/3がブラジルで生産されています。

世界のコーヒー豆生産量ランキング(2021年)

  1. ブラジル…〜2,993,780t
  2. ベトナム…〜1,845,033t
  3. インドネシア…〜765,415t

引用:GLOBAL NOTE

またブラジルのコーヒーの消費量はアメリカに次いで2位になっており、世界的なコーヒー大国として知られています。

日本で販売されている製品のほとんどがブラジル産のため、コーヒー豆を買う際は原産国もぜひチェックしてみてください。

ブラジルは栽培に適した最高の環境

ブラジルは勾配が少ない広大な土地が広がっているため、コーヒーの栽培や収穫が非常にしやすい環境になっています。

特に最近では栽培の工業化が進んでおり、農業機械が入りやすいのは大きな利点のようです。

また気候の面でもコーヒーとの相性は良く、ブラジルのどの地域でもコーヒーを育てることができます。

ブラジルほどコーヒー栽培に適した環境はほとんどなく、まさに最高の環境だと言えるでしょう。

ブラジルのコーヒーの歴史について

机の上に置かれた本と時計

世界的にも大きな知名度を誇るブラジルのコーヒーですが、ここまでブラジルコーヒーが有名になったのはどのような背景があるのでしょうか。

ブラジルとコーヒーの歴史的な関係や転機を解説します。

1727年:ブラジルでコーヒーの栽培が始まる

16世紀、スペインやポルトガルは植民地を活用して砂糖の大量生産を行っていました。

新たな商機を狙った砂糖商人を使った嗜好品文化を発展させようと、大勢の奴隷を投入してコーヒーの栽培を始めたのが起源だとされています。

その目論見は的中し、17世紀にはヨーロッパでは空前のコーヒーブームが到来しました。

こうしてブラジルはコーヒー大国としての第一歩を踏み出したのです。

1888年:奴隷制度が廃止

1865年にアメリカ合衆国で奴隷制が廃止されてからその動きは世界へ広がり、ブラジルでは1888年に奴隷解放が実現しました。

それによってコーヒー生産は賃金による雇用が導入され、出稼ぎを目的に多くの移民が参加したようです。

この年を転機にブラジルのコーヒー業界は急拡大し、世界に通用する産業として発展しました。

またコーヒーの需要も高かったため、「ブラジル=コーヒー」という印象はこの頃からあったようです。

1906年:ブラジル政府による価格維持政策

苛烈になるコーヒー生産ですが供給が需要を上回ってしまい、価格が下落してしまいました。

コーヒー栽培を止める農家が続出する状況を見た政府は、コーヒーに関するある政策を打ち出します。

それが価格維持政策で、余剰分を国が買い取ることで国際価格を安定することが可能になったのです。

国のお墨付きを得たコーヒー栽培はこれを機にさらに拡大し、今では世界で1番のコーヒー大国となりました。

ブラジルコーヒーの特徴は?

まな板の上に置かれた豆とカップ

長い歴史があるブラジルのコーヒーですが、他の銘柄と比較して味にはどのような特徴があるのでしょうか。

気になるブラジルコーヒーの味わいをご紹介します。

等級で分けられている

ブラジルコーヒーは、上がNo.2で下がNo.8と品質ごとの等級で分けられています。

その際に基準となるのが欠点のある豆の数と豆の大きさ、そして味わいの3つです。

全ての欠点がない銘柄はないとのことでNo.1は無くなっており、実質的にNo.2が最高品質となっています。

コーヒーの銘柄を決める際は、ぜひ等級にも注目して選んでみてはいかがでしょうか!

クセが抑えめで飲みやすい

コーヒーは焙煎の度合いによって、甘い香りが出たり苦くなったり様々な味わいを楽しむことができます。

その中でもブラジルコーヒーは、どの焙煎度でもクセが少なく飲みやすいと評判です。

ブラジルコーヒーと焙煎度の関係

  • 浅煎り~程よい酸味がある味わい
  • 中煎り~甘みや苦味のバランスがいい味わい
  • 深煎り~香ばしい苦味のある味わい

コーヒーに慣れていない方が銘柄選びを間違うと「まずい…」となってしまうこともありますが、ブラジルコーヒーであれば安心です。

全体的にバランスの整った味わいが楽しめるため、コーヒーが苦手な方もぜひお試しください。

他の銘柄とのブレンドが楽しみやすい

ブラジルコーヒーは酸味や苦味のバランスが整った、非常に飲みやすいコーヒーです。

そのため他の銘柄とブレンドしやすいのが特徴となっています。

甘い味が好きなのか苦味を伸ばしたいのか、ご自身の好みに沿って味わいを調節しやすいのが魅力ですね。

ブラジルの銘柄同士を混ぜてもかなりの味の変化が楽しめるためぜひお試しください。

【3選】ブラジルコーヒーの銘柄には何がある?

机に置かれたタンブラー

飲みやすさに定評のあるブラジルコーヒーですが、具体的な銘柄としては何が挙げられるのでしょうか。

聞いたことのある銘柄がないか、ぜひチェックしてみてください。

サントス

ブラジルコーヒーの中でも最も有名な銘柄がサントスです。

味わいとしてはバランスの取れたあっさりとした風味が特徴となっています。

ただその中にもコーヒーの苦味や甘い風味も楽しむことができるため、まずはサントスから試してみるのがおすすめです。

まさに万人受けする銘柄となっているため、飲みやすいコーヒー豆を探している方はぜひ飲んでみてはいかがでしょうか。

カドテアズール

カドテアズールは、ブラジル産のコーヒー豆の中でも高級品として位置付けられています。

標高が1,000mから1,400mの高い地域で取れる豆となっており、「ブラジルのブルーマウンテン」とも呼ばれているようです。

優しい甘さが特徴となっていて、他のブラジルコーヒー同様苦味などのバランスもよくなっています。

甘い味わいのコーヒーとなっているため、リラックスしたいような場面に最適なコーヒーです。

サンマリノ サンドライ

上品な味のコーヒーをお探しの方は、サンマリノ サンドライをお試しください。

濃厚な甘い風味の後に程よい苦味と酸味が噛み合う味になっており、やみつきになる方も多いようです。

また口当たりがなめらかになっていて、他のブラジルコーヒーと比較してリラックスできる味わいになっています。

ブラジルコーヒーには他にも様々な銘柄があるため、より好みのコーヒー豆も探してみてはいかがでしょうか。

ブラジルコーヒーの現地流の飲み方は?

カフェのレジの風景

様々な銘柄があるブラジルコーヒーですが、現地の方はどのような形で楽しんでいるのでしょうか。

今すぐにお試しできる、本場流の飲み方をご紹介します。

エスプレッソが基本

ブラジルではコーヒーというと基本的にエスプレッソを指しています。

日本ではカフェラテやカプチーノなど様々な飲み方があるため、この違いには驚くかもしれません。

そのため、ブラジルのカフェでコーヒーを注文すると問答無用でエスプレッソが出てくるため注意しましょう。

また現地では1杯20円程度と激安で美味しいコーヒーを楽しむことができるため、旅行の際には日本との違いに驚くことも多いかもしれません。

甘いコーヒーが当たり前

あまり知られていませんが、ブラジルはかなり甘党が多い国です。

実際コーヒーには砂糖のスティックを複数本入れるのが当たり前で、初めて飲むとびっくりするでしょう。

ブラジルはコーヒー以外にも砂糖の一大生産地だったため、料理や飲み物に大量に砂糖を加える文化が根付いているようです。

また熱帯気候のため保存食を大量に作る必要があり、砂糖を含んだレシピが一般的になったという説もあります。

ブラジルにアイスコーヒーはない

ブラジルではコーヒーがホットでのみ飲まれています。

どうしてアイスコーヒーがないのかは定かではありませんが、豆本来の味を楽しむためにホットで飲んでいるのかもしれません。

コーヒーとブラジルの歴史は非常に長いため、伝統的な飲み方で楽しむのが正統という意識があるという説もあります。

とはいえブラジルでは夏でもホットでコーヒーが飲まれているのは驚きですね。

まとめ|ブラジルコーヒーが有名な理由

この記事のポイント
  • ブラジルの銘柄のコーヒーがブラジルコーヒー
  • ブラジルは世界一のコーヒー大国
  • コーヒーとブラジルの歴史はかなり長い
  • ブラジルコーヒーは飲みやすさが魅力
  • ブラジルのコーヒー文化は日本と大きく異なる

今回は世界一のコーヒー大国が生み出したブラジルコーヒーについて、味の特徴や代表的な銘柄などをご紹介しました。

ブラジルとコーヒーの関係は1700年代から始まっており、どの銘柄でも甘さや苦味、酸味のバランスが非常によくなっています。

コーヒー好きの方はもちろん初心者の方であっても楽しめるコーヒーとなっており、世界的な人気を集める理由がわかりました。

同じブラジルコーヒーであっても味わいが異なるため、ぜひ複数のコーヒーをお試しください。

飲み物

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました