カフェオレの作り方!インスタントからでも美味しくアイスカフェオレを作る方法

のんこ

カフェや喫茶店でも人気のカフェオレは、ミルクも多めに入っていることから、「コーヒーは苦手だけどカフェオレなら飲める」という人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

家事や勉強の合間など一息つきたい時に、自宅でも美味しいカフェオレが手軽に飲めると嬉しいですよね。

この記事では、豆から作る本格的なカフェオレやインスタントコーヒーを使ったアイスカフェオレの作り方、カフェオレを美味しく作るポイント等をご紹介します。

カフェオレとは?まずは定義を確認!

コーヒーにミルクを注いでいる

カフェオレというと、コーヒーにミルクがたっぷり入った飲み物というイメージを持つ人も多いと思います。

しかし、カフェオレと同じようにコーヒーとミルクを混ぜ合わせて作る飲み物は多いので、どんな飲み物をカフェオレと言うのか、他の飲み物とは何が違うのか分かりにくいと思った事はありませんか?

まずは、カフェオレとは正確にはどういう飲み物なのかを確認してみましょう。

カフェラテやコーヒー牛乳は全くの別物!

カフェオレとは、濃いめドリップコーヒーとミルクを同量で混ぜ合わせて作る飲み物のことを言います。

カフェオレのようなコーヒーとミルクを混ぜ合わせて作る飲み物はたくさんありますが、使うコーヒー豆の焙煎の仕方や、コーヒーの種類、コーヒーとミルクの比率の違いによって分けることができるのです。

それぞれの飲み物の特徴は以下の通りです。

カフェオレ
濃くドリップしたコーヒーとミルクを比率1:1で入れた飲み物
カフェラテ
エスプレッソとミルクを比率1:4で入れた飲み物
カプチーノ
エスプレッソに蒸気で泡立てたミルクを比率1:2で入れた飲み物
コーヒー牛乳
ミルクとコーヒーを入れた飲み物

カフェラテやカプチーノは、エスプレッソコーヒーを使って作りますので、カフェオレとは使うコーヒーがそもそも違います。

例外としてコーヒー牛乳には、コーヒーの種類やミルクの分量にも明確な決まりがなく、どちらかというと牛乳をメインにした飲み物と言えます。

見かけは似ていても、カフェラテやカプチーノ、コーヒー牛乳などは、カフェオレとは全く違う飲み物なのです。

簡単!インスタントコーヒーでカフェオレを作る方法

手に持ったコーヒーが入ったカップにミルクを注いでいる人

気分転換やリフレッシュしたい時などに飲むカフェオレは、ホットでもアイスでもとても美味しく気持ちも癒されますよね。

そんなカフェオレはインスタントコーヒーを使うと自宅でも簡単に作る事ができ、気軽に楽しむことができます。

インスタントコーヒーを使用したホットカフェオレ

インスタントコーヒーを使ってホットカフェオレを作る時には、濃いめのコーヒーを作り、そこへコーヒーと同量の温めた牛乳を注ぎ入れるだけです!

ホットカフェオレの作り方
  1. カップに、70~80mlのお湯と約小さじ1杯のインスタントコーヒーを入れて、よく溶かす。
  2. 先程のお湯と同量の70~80mlの温めた牛乳をカップに注ぐ。
  3. ホットカフェオレの出来上がり。

牛乳は60~70℃程度に温めると、牛乳の甘さを引き出すことが出来て美味しく出来ますよ。

インスタントコーヒーを使用したアイスカフェオレ

アイスカフェオレの作り方も、ホットカフェオレと同じく濃いめのコーヒーを作るところから始まります。

ホットカフェオレとの大きな違いは、氷を使って冷やすところです。

アイスカフェオレの作り方
  1. インスタントコーヒーをお湯で溶かして濃いめのコーヒーを作る。
  2. 氷を入れたグラスに濃いめに作ったコーヒーを入れて軽く混ぜながら冷ます。
  3. コーヒーと同量の牛乳を注いで混ぜ合わせればアイスカフェオレの出来上がり。

ホットカフェオレよりも甘さがやや控えめで、さっぱりした味わいになります。

アイスカフェオレは二層式がおしゃれ

喫茶店やカフェなどで、コーヒーとミルクが二層に分かれたおしゃれなアイスカフェオレを見た事はありませんか?

それも自宅で簡単に作る事が出来るんですよ。

二層式のアイスカフェオレの作り方
  1. 氷を入れたグラスに牛乳を入れておく。
  2. インスタントコーヒーをお湯で溶かして濃いめのコーヒーを作る。
  3. 冷やしたコーヒーをグラスの縁やストロー、マドラー等を使って、ゆっくり丁寧に注ぐ。
  4. コーヒーと牛乳が良いバランスで二層に分かれたら出来上がり。

先程のアイスカフェオレとは逆の方法で、氷を入れたグラスに最初に牛乳を入れておくのがポイントです。

インスタントスティックのカフェオレもおすすめ

忙しくてコーヒーを作ったり牛乳を温める時間がない、という時には、スティックタイプのインスタントカフェオレがおすすめです。

一杯分ずつ個装されているスティックタイプは、お湯に溶かすだけで気軽にカフェオレを作って飲む事ができてとても便利ですので、忙しい人にもぴったりですよね。

また、スティックタイプのカフェオレには、コーヒーの産地をはじめカロリーが控えめなものやカロリーオフのもの、カフェインの有無など、種類も豊富でたくさんの商品がありますので、自分に合ったものを選んだり、いろいろ飲み比べてみても楽しめると思います。

本格的に豆から作るカフェオレの作り方

散らばっているコーヒー豆の横にスプーンとカフェオレが入ったカップ

インスタントコーヒーで作るカフェオレも手軽に作れて便利なのですが、自宅でもカフェで出てくるような美味しいカフェオレを飲みたくなる事もありますよね。

そんな時には、豆から作る本格的なカフェオレを作ってみてはいかかでしょうか。

インスタントコーヒーを使って作るより少し手間はかかりますが、意外と簡単に作る事ができますよ。

ホットカフェオレの作り方

風味の強い牛乳に負けないしっかりとしたコーヒーの味わいを感じられるカフェオレを楽しむためには、濃いめのコーヒーを作る事が一番のポイントになります。

コーヒードリッパー、お湯、牛乳、カップ、コーヒー豆を用意し、コーヒー豆は長時間焙煎した深煎り豆の中細挽きを選ぶのがおすすめです。

豆から作るホットカフェオレの作り方
  1. カップにドリッパーをセットする。
  2. コーヒーの粉と同量のお湯を注ぎスプーンでざっくりかき混ぜる。
  3. 1分程度蒸らした後、コーヒーの粉の量の1.5倍のお湯を一気に注ぐ。
  4. スプーンで数回混ぜながらドリッパー内のコーヒーをゆっくりカップに落として、濃いめのコーヒーを抽出する。
  5. 小鍋などで60℃~70℃に温めた牛乳を、少しずつコーヒーに注いだら出来上がり。

アイスカフェオレの作り方

アイスカフェオレの作り方は、濃いめのコーヒーを抽出するまでの工程は、ホットカフェオレと変わりはありません。

アイスカフェオレを作る時は、抽出したコーヒーをしっかり冷やすのが大切なポイントになります。

また、先程の作り方とは逆に、最初に氷を入れたグラスに冷えた牛乳を入れ、後から抽出した冷たいコーヒーをゆっくり注ぎ入れると、前述したような二層に分かれたおしゃれなアイスカフェオレが出来ますよ。

豆から作るアイスカフェオレの作り方
  1. カップにドリッパーをセットする。
  2. コーヒーの粉と同量のお湯を注ぎスプーンでざっくりかき混ぜる。
  3. 1分程度蒸らした後、コーヒーの粉の量の1.5倍のお湯を一気に注ぐ。
  4. スプーンで数回混ぜながらドリッパー内のコーヒーをゆっくりカップに落として、濃いめのコーヒーを抽出する。
  5. コーヒーはカップではなくコーヒーサーバーに落とす。
  6. 氷水を入れたボウル等にサーバーごと入れて中のコーヒーをしっかり冷やす。
  7. 冷たく冷えたコーヒーを氷を入れたグラスに移す。
  8. 冷えた牛乳をゆっくり注いで混ぜ合わせれば出来上がり。

美味しいカフェオレを作るポイント2つ

コーヒーとクリームが混ざっている画像

ここまでホットカフェオレやアイスカフェオレを自宅で美味しく作るための作り方をいくつかお伝えしました。

ここからは、よりカフェオレを美味しく作ることできるポイント「コーヒー豆にこだわる」「ミルクにこだわる」の2つをそれぞれご紹介していきます。

コーヒー豆にこだわる

コーヒー豆の焙煎の仕方は細かくは8段階にも分かれていますが、よく目にする機会があり知られているのは、浅煎りと深煎りの2種類ではないでしょうか。

2種類のコーヒー豆のうち、浅煎りはすっきりしていて酸味があり、深煎りはコクがあって苦みが強いという特徴があります。

牛乳と混ぜ合わせて作るカフェオレは、どうしても牛乳の風味が強く出てしまいがちですので牛乳の風味に負けないように、苦みのきいたコクのある深煎りコーヒーを使うと、コーヒーの香りや味わい等をしっかり感じられるのでおすすめです。

夏場にはさっぱりした浅煎りを使うのもおすすめ!

夏場の暑い時期には、さっぱりとした浅煎りのコーヒー豆を使ったアイスカフェオレもおすすめです。

浅煎り豆で作られた苦みが少なくすっきりとした味わいのコーヒーを使うと、夏にピッタリの飲みやすくて美味しいアイスカフェオレを作る事が出来ますよ。

ミルクにこだわる

使うミルクによってカフェオレの味は変わるとも言われる程、カフェオレに使うミルク選びは大切なポイントになります。

ミルクには、成分調整牛乳や低脂肪牛乳、加工乳などいろいろ種類がありますが、カフェオレに使うミルクは、生乳を加熱殺菌しただけの成分無調整の牛乳を選ぶといいでしょう。

成分調整牛乳や加工乳は、どちらかというとさらっとしていて水っぽさを感じることがあります。

一方、成分無調整の牛乳は味わいが濃厚で牛乳独特のクセも少ない為、コーヒーの風味や香ばしさを邪魔することもなく、バランスの取れたおいしいカフェオレを楽しむことができます。

まとめ|美味しいカフェオレ・アイスカフェオレの作り方

仕事や家事の合間などちょっと一息つきたい時に飲むカフェオレは、気分転換にもなりとても美味しいですよね。

カフェオレはコーヒーとミルクを同量混ぜて作る飲み物です。

コーヒーとミルクを混ぜ合わせるだけなのでとても簡単に作れ、インスタントコーヒーを使っても手軽に美味しく作れるのも魅力的な点になります。

作り方のポイントとなるのは、ホットカフェオレとアイスカフェオレどちらを作るにしても濃いめのコーヒーを作り、できるだけ成分無調整の濃厚な牛乳と混ぜ合わせることです。

このポイントを抑えるだけで、自宅でも気軽においしいカフェオレを楽しむ事ができますので、お友達や知り合いを招いた時のおもてなしとしても、ぜひ参考にしてみてください。

執筆者
のんこ
のんこ
のんこ
主婦

息子が2人いるベテラン主婦です。
長男は小さいころから好き嫌いが激しく、何とか食べてもらうために料理をしていたら大変だけど、料理をする事が好きだと気付きました。
料理や食材、食に関する事にとても興味があるため、コンテンツを通して皆様ともっと食に対しての知識を共有していけたらと思います!

詳細を見る

飲み物

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました