ブルーベリーは冷凍保存で日持ち&栄養UP!洗い方や食べ方も解説

jima

栄養価が高く、健康や美容にも良いと言われているブルーベリー。

食べきれなくなったブルーベリーを冷蔵庫に保存していたら、食べるのを忘れてしまい腐ってしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか。

ブルーベリーを腐らせずに日持ちさせたいなら、冷凍保存することがおすすめです。

この記事では、ブルーベリーの冷凍保存するメリットや方法、洗い方や解凍方法からブルーベリーを使ったおすすめのレシピをそれぞれご紹介していきます!

ブルーベリーを冷凍保存すると日持ち&栄養UP!

木の籠からこぼれたブルーベリー

ブルーベリーの保存方法としておすすめなのが冷凍保存です。

ブルーベリーを冷凍保存することで冷蔵保存よりも長く保存することができ、さらにそのまま食べるよりも栄養価がアップします。

冷凍保存なら約6ヶ月も保存できる!

冷蔵庫でブルーベリーを保存すると約1週間程度で傷んでしまい風味も落ちてしまいますが、冷凍保存することで、賞味期限を約6ヶ月程度まで伸ばすことができます。

6ヶ月を過ぎても食べることは可能ですが味や質が落ちている可能性があるので、その場合はよく確認してから食べることをおすすめします。

ブルーベリーは冷凍保存したほうが栄養価が高い

ブルーベリーには目が良くなるアントシアニン美肌効果があるビタミンCが含まれていますが、冷凍保存するとこれらの栄養価が高まります。

目の疲れを癒やしたい方や綺麗なつやのあるお肌になりたい方は、ブルーベリーを一度冷凍させてから食べることがおすすめです。

また、増えはしませんが食物繊維やミネラル、ビタミンEの栄養価もそのままキープできます。

アントシアニンとビタミンC
  • アントシアニン:眼精疲労の予防、機能回復に効果がある栄養素
  • ビタミンC:コラーゲンの生成を助ける働きがあるので肌の健康に欠かせない栄養素

ブルーベリーの冷凍保存方法

凍ったブルーベリー

冷凍したブルーベリーは取り出すたびに温度の変化で傷んでしまうので、ブルーベリーを冷凍保存する時は新鮮なものを使うのがおすすめです。

ここからは冷凍保存に適したブルーベリーの見分け方と、冷凍保存の手順をそれぞれご紹介していきます。

新鮮なブルーベリーを使う!

新鮮なブルーベリーは、皮がよく張っていて触るとある程度の固さがあり、ブルームが全体的についています。

ブルーベリーを見てブルームがなく皮がしわしわになっていたり、軽く触れてみてブヨブヨしていたら、傷んでいる証拠なので冷凍せずになるべく早く食べてしまいましょう!。

ブルームとは?

ブルームはブルーベリーの表面についている白い粉のことで、乾燥から身を守るためのものです。このブルームが多くついているほど市場価値は高く、高級になります。

ブルーベリーを冷凍保存する方法・手順

鮮度の良いブルーベリーだけを選別し終えたら、ヘタに残っている枝をとっていきます。

そしてブルーベリーを1食分ごとに小分けにして、平らになるように冷凍保存用袋にそれぞれ入れて密閉し、金属製のバッドにのせ急速冷凍させます。

上記の手順で冷凍することで、ブルーベリー同士がくっつかず綺麗な状態で冷凍でき、約6ヶ月ほどの長い間保存することが可能です。

冷凍する時のポイント!
  • 劣化を防ぐために1つの袋にブルーベリーを全て保存せず、小分けにする
  • 急速冷凍することでムラなく冷凍できる
  • 金属製のバットは熱伝導が良いので急速冷凍に向いている

ブルーベリーを冷凍する時に洗う必要はある?

水滴がついているたくさんのブルーベリー

ブルーベリーは害虫被害が少ないので無農薬でも育ちますが、ほこりや虫がついている事があるので、健康のためにも一応洗いましょう。

冷凍保存する場合は、冷凍する前に冷水でさっと洗い、生のブルーベリーの場合は冷蔵保存の時は洗わず、食べる直前に洗うことで美味しく食べることができます。

ブルーベリーの洗い方

ブルーベリーを洗う時は、冷たい水が入ったボウルに入れ、さっと優しく水で洗うのが大事なポイントです!

ボウルの中にずっとつけておいたり、夏場の温かい水道水で直接すすぐと実が潰れてしまい、皮が破損したり、ふやけて美味しさがなくなってしまいます。

さっと洗う位の感覚で、あまり時間をかけ過ぎないようにすることが大切です。

洗い終わった後は水分をしっかり拭き取る!

洗い終わった後は、キッチンペーパーまたは清潔なタオル等で水分をしっかり拭き取ります。このひと手間を行うことでブルーベリーの水気がとれ、実に氷がつかない綺麗な状態で冷凍保存ができます。

冷凍ブルーベリーの解凍方法・食べ方

木のスプーンに入った冷凍されたブルーベリー

冷凍ブルーベリーは完全に解凍して食べるのはもちろん、冷凍のままや半解凍の状態でも食べられます。

完全に解凍すると、冷凍前の状態よりも皮が柔らかくなりブヨブヨした状態になってしまうので、美味しく食べたいのなら冷凍か半解凍の状態で食べることをおすすめします!

解凍・半解凍の方法

ブルーベリーを解凍する時は、冷蔵庫に入れて自然解凍させる方法がおすすめです。

ブルーベリーの量にもよりますが、1人分程度なら、完全に解凍する場合は約30分、半解凍の場合は約15分必要になります。

常温で解凍すると、解凍する時の温度差が激しくブルーベリーが傷んでしまうので、温度差が少ない冷蔵庫で解凍して、美味しく食べられるようにしましょう。

冷凍保存したブルーベリーは料理におすすめ!

冷凍のブルーベリーは、スムージーやヨーグルトのトッピングにおすすめです!

凍ったままのブルーベリーを使う分だけ取り出し、そのままスムージーやヨーグルトにのせるとシャキシャキした食感がたまらなく美味しいです。

また、スムージーなら冷凍ブルーベリーとヨーグルトをミキサーに入れるだけであっという間にできあがり、忙しい朝に嬉しい、美容や健康に良い栄養ドリンクとなります。

解凍時間を間違えて全解凍してしまったら

もし解凍時間を間違えて解凍してしまった場合は、キッチンペーパーで優しく水分を拭き取り、ブルーベリーの水分に左右されにくいゼリーやプリンのトッピングに使えば問題ありません。

その他にも、全解凍したブルーベリーはジャムやソースにすることで食感も気にならなくなり美味しく食べることができます。

4選!ブルーベリーのオススメのレシピ

ブルーベリーのスムージーが2つ

そのまま食べても美味しいブルーベリーですがアレンジすることもおすすめで、冷凍ブルーベリーを使うことで見た目も華やかな料理やデザートを簡単に作ることができます。

例えばヨーグルトやクリームチーズなどは、冷凍ブルーベリーの爽やかな酸味と相性が抜群です。

暑い夏にも食べやすく、さっぱりとした料理のレシピ4選をご紹介していくので、ぜひご自宅でも試してみてください!

冷凍ブルーベリーを使ったアレンジレシピ4選
  1. ブルーベリージャム
  2. ブルーベリーレアチーズケーキ
  3. バナナブルーベリースムージー
  4. ブルーベリーヨーグルトジェラート

①ブルーベリージャム

大量に冷凍したブルーベリーはジャムにするのがおすすめで、パンにつけたり、ホットケーキやヨーグルトのトッピングに使ったり様々な使い道があります。

ジャムにすると甘味が増すのでブルーベリー独特の酸味が苦手な方もジャムなら食べやすくなるのも嬉しいポイントです。

ブルーベリージャム
【材料】
冷凍ブルーベリー:1kg
レモン汁:20g
砂糖:300g

手順①
冷凍ブルーベリーを鍋に入れて、水分が出るまで木べらで混ぜながら弱火で加熱する
手順②
ブルーベリーの水分が出てきたら強火に変え、アクをとりながら20分ほど加熱して煮詰める
手順③
砂糖を入れてさらに煮詰めた後、レモン汁を加えて煮込む
手順④
器に入れても水分が流れない程度まで煮詰められたら、熱いうちに保存瓶に入れる
手順⑤
瓶の空気を抜き、蓋を締めたら完成

参考:クックパッド「ブルーベリージャムの作り方~♪」

②ブルーベリーレアチーズケーキ

冷凍ブルーベリーを使うので固まるのが早いといった利点もあり、美味しいブルーベリーレアチーズケーキがあっという間に出来上がります。

型にギュッと敷くビスケットの種類を変えるだけでケーキの味もいろいろと楽しむことができ、相性抜群のクリームチーズを入れることで爽やかなブルーベリーの酸味が美味しいケーキとなります。

ブルーベリーレアチーズケーキ
【材料】
★冷凍ブルーベリー:50g
★プレーンヨーグルト:100g
◯クリームチーズ:300g
◯砂糖:30g
☆クラッカー:50g
☆溶かしバター(有塩):30g
ゼラチン:5g
お湯:30cc

手順①
冷凍ブルーベリーは解凍し、クリームチーズは常温で2cm角に切っておく
手順②
☆をミキサーなどで混ぜ合わせ、ケーキの型に入れ、コップの底などを使いながら敷き詰める
手順③
★をミキサーなどで混ぜ合わせ、ゼラチンとお湯を混ぜたものと◯と一緒にさらに混ぜ合わせる
手順④
ケーキの型に手順③のものを上から流し込み、空気を抜いて冷蔵庫で約1時間程度冷やして固める
手順⑤
固まったら型から取り出し、お好みの果物で飾り付けして完成

参考:クックパッド「ブルーベリーたっぷり♡レアチーズケーキ」

③バナナブルーベリースムージー

忙しい朝でも簡単に出来る冷凍ブルーベリーを使ったバナナスムージーです。

ブルーベリーの甘酸っぱさと熟れた冷凍バナナの甘さが相性バツグンで、砂糖を入れなくてもフルーツの甘味だけで美味しくいただける美容と健康の一杯です!

バナナブルーベリースムージー
【材料】(2人分)
冷凍ブルーベリー:100g
冷凍バナナ:1本
牛乳or豆乳:200cc

手順①
冷凍ブルーベリー・冷凍バナナ・牛乳半分をミキサーに入れて混ぜ合わせる
手順②
ある程度なめらかになったら残りの牛乳を入れて、また混ぜ合わせる
手順③
コップに入れて完成

参考:クックパッド「ブルーベリーバナナ♡恋するスムージー」

④ブルーベリーヨーグルトジェラート

フードプロセッサーがあれば、冷凍ブルーベリーとプレーンヨーグルトに砂糖を加えてかき混ぜて冷凍庫で冷やしてあっという間に色鮮やかなジェラートの完成です!

暑い夏にピッタリの、冷たくて美味しい冷凍ブルーベリーの豊富な栄養が入ったレシピとなっています。

ブルーベリーヨーグルトジェラート
【材料】(1人分)
冷凍ブルーベリー:50g
冷凍バナナ:20g
ギリシャヨーグルト:50g
ブルーベリーやミント:適量

手順①
冷凍ブルーベリー・冷凍バナナ・ギリシャヨーグルトをフードプロセッサーに入れて混ぜ合わせる
手順②
なめらかになったら器に盛る
手順③
ブルーベリーやミントなどお好みでトッピングを乗せたら完成

参考:クックパッド「簡単ブルーベリーヨーグルトジェラート」

まとめ|ブルーベリーは冷凍保存で日持ち&栄養UP!

ブルーベリーは冷凍保存することで、約6ヶ月ほど保存することができる上に栄養価が高まるので、一度冷凍してから食べることがおすすめです。

ブルーベリーは洗い方で美味しさも変わってしまうので、冷水でさっと洗い、水気をしっかり拭き取ってきれいな状態で冷凍保存しましょう。

一度冷凍したブルーベリーを食べる時は、完全に解凍するよりも、冷凍のままか半解凍の状態で食べる方が美味しく食べられます。

冷凍ブルーベリーが大量にある場合は、ケーキ作りの材料にもなるジャムや簡単に作れるスムージーにしてみてはいかがでしょうか。

冷凍食品・冷凍保存

飲み物

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました