缶詰でダイエット!タンパク質を摂取できるおすすめ缶詰は?

gaya

缶詰は、ダイエットの効果を高めるためにも欠かせないタンパク質や良質な脂質等を豊富に含んでいます。

その中でも鯖缶は、ダイエットや健康にもいいとされ話題になっていますよね。

しかし鯖缶以外にも、ダイエット中にこそ積極的に取りたい栄養素を含んだ缶詰がたくさんあるのをご存じでしょうか。

この記事では、缶詰ダイエットのメリットやおすすめの缶詰、逆にフルーツ缶の様にダイエット時には控えたい缶詰等をご紹介します。

缶詰ダイエット!注目すべきは「タンパク質」

野菜の缶詰が並べられた画像

栄養バランスを考えながら毎日の食事を作るのはとても大変ですが、ダイエット時は、なおさら必要な栄養素をしっかり摂らなければならない為、いつも以上に時間や手間がかかってしまいがちです。

そんな時にこそおすすめなのが、缶詰ダイエットです。

缶詰は気軽に調理が出来てしかも美味しく、必要な栄養素もしっかり摂れるのでダイエットにもぴったりだと言えます。

とは言っても缶詰の種類はたくさんあり何を選んだらいいか迷ってしまいますが、そこで注目したいのがタンパク質です。

タンパク質は、ダイエット中に摂取するとダイエット効果を高めることができるので、タンパク質を豊富に含んだ缶詰を意識して選ぶといいでしょう。

鯖缶以外にもダイエットにおすすめの缶詰がある!

缶詰と言えば鯖缶をイメージする人も多いように、鯖缶はダイエットだけではなく健康や美容にも効果があるとされて一大ブームになりましたよね。

鯖缶にはタンパク質がたっぷりと含まれており、その他にも良質な脂質や痩せホルモンと言われるGLP-1も豊富に入っているので、ダイエット中には欠かせない缶詰です。

ですがダイエット効果があるからと言って、毎日鯖缶ばかり食べていても飽きてしまいますよね。

実は、ダイエットに向いている缶詰は鯖缶以外にもたくさんあります。

ダイエット中の気になるカロリーや脂質を抑えた缶詰、植物性タンパク質やビタミン、カルシウムなどダイエット中に不足しがちな栄養素を含む缶詰もおすすめです。

鯖缶はもちろん、ダイエット向きの食材の缶詰も上手に選びながら、毎日の食事に取り入れるといいでしょう。

缶詰ダイエットのメリットとは?

鯖の缶詰が一面に並べられた様子

前述したようにダイエット中に摂取することでより効果が高まる、とされるタンパク質を豊富に含む缶詰は、ダイエットにもぴったりですが、缶詰ダイエットのメリットはそれだけではありません。

ここでは、缶詰でダイエットをするメリットをご紹介します。

調理が少なく手軽

缶詰ダイエットの良い点は、何と言ってもその手軽さにあります。

一から料理をしなくても、缶詰を開けて温めたり少し手を加えるだけで簡単に食べられるので、時間や手間を省けます。

また缶詰は、長期間の保存が可能ですので、まとめ買いをしてストックできるメリットもあります。

食べる量が決まっている

食べ過ぎやカロリーに気をつけたいダイエット中は、缶詰は一日に一缶だけと決めておけば食事量の制限にもなります。

食べても良い量を決めそれを意識しておくことで、暴食を避けることができるでしょう。

栄養バランスがとりやすい

缶詰には、タンパク質をはじめ良質な脂質、ビタミンやカルシウムなどダイエット中にも必要な栄養素が豊富に詰まっているので、栄養バランスを取りやすいというメリットもあります。

また缶詰のパッケージには含まれている栄養素が書いてありますので、自分に必要な栄養素を確認したり、食事の際の付け合わせも考えやすくなるでしょう。

ダイエット中におすすめの缶詰13選!

軍の缶詰の画像

必要な栄養素が豊富に含まれていて、しかも手軽に調理できる缶詰は、まさしくダイエットの味方だと言えますよね。

ここからは、ダイエット中におすすめの缶詰13選をご紹介します。

どれもスーパーで購入できるものばかりなので、ぜひチェックしてみて下さい。

①鯖の水煮缶

鯖の水煮缶は鯖を少量の塩だけでシンプルに味付けしたもので、良質なタンパク質や体に良い油と言われるDHA、EPAが含まれています。

代謝を上げる効果を高めたり、痩せホルモンGLP-1が分泌されて、食欲を抑えたりコントロールしたりすることが期待できます。

素材そのものを味わえる水煮缶は、玉ねぎやキャベツなどお好みの野菜と一緒にポン酢やマヨネーズをかけ、サラダとしても美味しく食べられますよ。

②鯖の味噌煮

鯖の味噌煮缶にも水煮缶と同じように、タンパク質や良質な脂質等の栄養素が豊富に含まれています。

血糖値の上昇を抑えたり、中性脂肪を低下させる効果もあるので、ダイエット時にもぴったりですね。

しっかり味付けされている味噌煮缶は、汁ごと一緒に炊き込みご飯にしたり、豆腐と一緒に煮込んで食べるのもおすすめです。

あわせて読みたい
鯖缶ダイエットに効果はある?おすすめの鯖缶や方法をご紹介!
鯖缶ダイエットに効果はある?おすすめの鯖缶や方法をご紹介!

③ノンオイルツナ缶

ノンオイルツナ缶は、マグロやカツオなどの魚を油を使わず、魚や野菜のエキスと水を使って作られている缶詰です。

高たんぱくで脂質、糖質ともに少なく、油も使っていないのでダイエット向きだと言えます。

きゅうりや豆苗と和え物にしたり、サンドイッチやオムレツの具として使ってもヘルシーで美味しいですよ。

④鮭の中骨

鮭の中骨と中落ち肉を使って作られた鮭の中骨缶は、タンパク質はもちろん、日本人に不足しがちだと言われているカルシウムがたっぷりと含まれています。

脂肪を燃焼させたり代謝を助ける効果がありますので、ダイエット中にも積極的に食べたい缶詰です。

中骨とは言ってもとても柔らかいので、チャーハンに入れたり、ホワイトシチューに使うのも良いですよ。

⑤鶏ささみ

鶏の胸肉をほぐして作った鶏ささみ缶は、高たんぱくで低カロリー、また脂肪分も少ないので、ダイエット時にはかかせない缶詰です。

しっとり柔らかい鶏肉はそのまま食べても十分美味しいですが、サラダのトッピングに使ったり、わかめと一緒に酢の物として食べても美味しいですよ。

⑥ミックスビーンズ

ミックスビーンズ缶は、ひよこ豆やえんどう豆など数種類の豆を、蒸したり水煮にした缶詰です。

ダイエット中に意識して取りたい植物性のタンパク質や食物繊維も豊富に含まれており、意外に腹持ちが良いのも嬉しいポイントです。

色鮮やかなミックスビーンズは、サラダやスープ、シチュー等の煮込み料理に加えるだけで栄養価もアップするので、おすすめです。

⑦いか

醤油や塩で味付けをして、やわらかく仕上げたいかの味付缶詰は、タンパク質を豊富に含んだ低カロリーの缶詰です。

また、いかに含まれている栄養素のタウリンが新陳代謝を活発にし脂肪燃焼効果を促すので、ダイエットにも役立つ缶詰と言えます。

トマトパスタに使ったり、大根や里芋と煮込んでも美味しく食べられますよ。

⑧カレー

カレーがダイエットに効果があるのかと思う人もいるかもしれませんが、味がしっかり付いているのに意外と低カロリー、低糖質なカレー缶は、ダイエットの強い味方です。

チキン、ツナ、鯖など種類も豊富で野菜もたっぷり入っているスパイシーな缶詰カレーは、ご飯をよそえばすぐに食べられるのも魅力です。

⑨あさりの水煮缶

あさりの水煮缶は、殻剥きしたあさりを水煮にしてある缶詰です。

高たんぱく低脂質なだけではなく、鉄分やビタミン、ミネラルなど体に必要な栄養素がたっぷり含まれているので、ダイエット中にもおすすめです。

味噌汁やクラムチャウダー、パスタ等にも簡単に使えて便利ですよ。

⑩ヘルシーコンビーフ

ヘルシーコンビーフ缶は、ほぐした牛肉に牛脂を使わず、野菜のエキスや調味料で味付けをして仕上げた低脂質の缶詰です。

タンパク質やビタミン等、食欲を抑制したり代謝を促す栄養素も含まれているので、ダイエットにもぴったりですよ。

パンに挟んで食べたり、キャベツ等の野菜と炒めても美味しくなります。

⑪イワシのかば焼き

焼き上げたイワシを、甘辛いたれでかば焼きにして詰めたイワシのかば焼き缶は、栄養バランスがよく、高たんぱくで低糖質、加えて良質な脂質がたっぷりと含まれているのでダイエット向きの缶詰です。

しっかりと味付けされているので、そのままご飯のおかずにしたり、卵とじにして食べるのもおすすめですよ。

⑫マグロ缶

醤油ベースのたれで味付けされたマグロ缶は、タンパク質を多く含みカロリーも低く、栄養バランスに優れている缶詰です。

サラダや卵焼きの具として使ったり、そぼろにしても美味しいですよ。

⑬大豆の水煮缶

ダイエット中には欠かせない植物性タンパク質を豊富に含む大豆の水煮缶も、積極的に取りたい缶詰です。

糖質が低く食物繊維も多く含んでおり、ダイエット的に優秀な缶詰と言えます。

そのままサラダやスープに入れたり、挽肉と炒めてスパイシーな香辛料で仕上げるのもおすすめです。

ダイエット中避けるべき缶詰は?

様々な食品が積み上がった画像

このように、タンパク質をはじめ、ダイエット中にこそ摂取したい栄養素が含まれた、ダイエット向きの缶詰はたくさんありますが、逆にダイエット中には避けた方がいい缶詰もあります。

どのような缶詰がNGなのか、理由もあわせてご紹介しますので参考にして下さいね。

油漬けの缶詰

お料理にも使いやすくて重宝するツナ缶には、水煮と油漬けのタイプがありますが、ダイエット中はなるべく油漬けは避けた方がいいでしょう。

油漬けの方が、魚の旨味とオイルが混ざりあいコクが出て美味しいのですが、どうしてもカロリーが高くなってしまうので、ダイエットには向いていません。

フルーツのシロップ漬け

ビタミンや食物繊維が豊富な果物を缶詰にしたフルーツのシロップ漬けは、何となくダイエット中でも大丈夫な気がしますが、実はこれもできるだけ避けたい缶詰の一つです。

フルーツのシロップ漬けには、その名の通りたくさんの砂糖が使われておりカロリーや糖質量も高くなっていますので、ダイエットには不向きです。

味付けの濃い商品

缶詰の中には長期間の保存が出来るように、かなり濃いめの味付けにしているものもあります。

調味料を多く使った味の濃い缶詰は塩分過多になりやすく、またカロリーオーバーや太りやすい体にも繋がってしまうので、ダイエット中は避けましょう。

缶詰でダイエットはできる!おすすめ商品まとめ

缶詰には痩せ効果のあるタンパク質や良質な脂質が含まれたものが多く、ダイエット中にもぴったりですよね。

また、調理が簡単なので手軽に食べられたり、食べる量を管理しやすいのも缶詰ダイエットのメリットと言えます。

大人気の鯖缶以外にも、ダイエットにおすすめの缶詰はたくさんありますので、いろいろ探して試してみるのも楽しいですよ。

逆にオイル漬けや味付けの濃い缶詰、フルーツ等をシロップ漬けにした缶詰など、カロリーオーバーになってしまうのでダイエット中は控えましょう。

ダイエットの基本は自炊からとも言われますので、毎日の食生活に上手に缶詰を取り入れて、ダイエットを成功させましょう。

コラム

コラム

このサイトはプロモーションを含んでいます。

記事URLをコピーしました